03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ピアノ指導で 

 ピアノを教えている、ということ、色々とあります。
 私の場合、出張レッスンなので、良い面もあり、悪い面もあると思います。

 私が育った時代には考えられないことですが、私のことを怒鳴ったり、指導に対する口出し(意見ではありません)が多すぎたり。
 ここには書いていませんが、年始早々には、ずっと悩んでいてもう限界がきていた為、あまりにも口出しが多すぎて、これ以上指導をしていくことが難しい、と思ったご家庭を、やめて頂いたこともありました。
 ただ、子供たちとの相性は良かったので、ここまで続いていました。 年末に、初めて、『この子達を上手にしたい』と思えなくなってしまい、苦しみ悩んだクリスマスを過ごした後、やめることになりました。
 もちろん、すんなりと私に決心が着いたわけではありません。
 数週間は子供たちにかわいそうなことをした、という気持ちが強くて、ストレスから体重増加。
 やっとおさまって、3月のセルビアのコンクールへ行く2週間ほど前、私が教えていた時から申し込んでいたフェスティヴァルに参加しなかったことを他の生徒から聞いて(同じカテゴリーに申し込みをしてあった)、また悩んで、コンクール前は練習もできませんでした。

 もちろん、私のような身分で、生徒にやめて頂いてよい、とは思っていません。
 ですが、限界、というものもあります。
 私に対する態度は、お手伝いさん、いや、奴隷に対するような態度が続いていたのですから。

 
 もちろん、きちんとした方もたくさんいらっしゃいますよ。

 ここに何度も書いてきたように、私にとって、『楽しい』ピアノレッスンとは、自分で楽譜を読んで弾けるようになるようにすること、一つずつ習得していくこと、です。
 イギリスにはグレード制度がありますので、そのことで、良い面もありますが、悪い面も多くあります。
 グレード1、は完全なる初心者のものではありません。
 それを理解して頂くのがどれだけ難しいことか。
 ご両親のお気持ちもわかります。
 でも、グレード1を簡単に取らせてあげると、グレード3あたりで躓きます。
 グレード1をとるのに、しっかりと譜を読めるようにして、楽譜、音楽のルールをわかってもらえば、そこへ行くまでには時間がかかっても、後は飛び級などもできるので、グレード3で躓くことはほとんど無いと思います。
 
 何度も説明をし、2年掛けてやっとご理解頂く事もしばしば。
 
 何度も話し合いを続け、お母様は半年位前からご理解して下さるようになった生徒、先日、学校でコンサートがあり、
 ご父兄もいらっしゃる前で弾いたところ(私は知らなかったのですが、3月のグレードで弾いた曲)、皆さんからほめて頂いたそうです。
 何度も戦った末に(本当に!!)仕上げた曲。
 私が口うるさく、数えること、音を読むこと、音の出し方を気をつけること、など言っていたことを、少しわかってもらえたみたいで、嬉しい。

 私の師匠Dr.Sは、21歳の私に導入から、指を1本1本持ちながら打鍵を教えて下さった先生です。
 あんなことをして下さる先生は滅多にいないと思います。
 私に費やして下さった膨大な時間とエネルギー、パッション。 これを他の21歳でできあがっている優秀な方に費やしたら先生はもっと名前が知られるようになっていたと思います。
 でも、そうでなくて、できない生徒をできるようにすることに、喜びを感じるらしい先生。
 
 日本で習っていたバレエの先生も、あの年代ではある程度知られている先生ですが、どう考えてもバレエの道には進まないのに、高校3年生でもレッスンに行っていた私にも、きちんと教えて下さいました。
 バレエの道には進みませんでしたが、オープンクラスなどを受けに行った時、よく誰に習っていたのか、その基礎を驚かれました。
 専門に進まないから適当、ではなくて、専門に進まないのに、みっちり基礎を身につけさせて下さった。
 きっと、私には彼女の存在が非常に大きい。 根性も着いた。
 
 趣味とか専門とか関係なく、みっちり基礎を身に着けてほしい、難しいことも噛み砕いて、できるようにする、といういささか時代に逆行している私のピアノ指導、私が尊敬する先生方から頂いた、最高のプレゼントだと思っています。

 以前教えていた生徒が、私の母に(これを聞く母も母)、私が厳しいか聞かれた時、
「厳しいけれど、怒るわけではない(だったかな?)」と答えてくれて、厳しさと怒る/怖いが違うことをわかってくれたことを嬉しく思いました。 もちろん、日ごろからのご両親のお考え、お子さんに対する接し方がきちんとしていらっしゃるから、子供がこういう考えをできるのだろうな、と思いましたが。

 厳しいけれど、どうしてできないの!とは言わない、思わない。
 昭和生まれの頑固ばあさんになりそうですが、それもまた私。
 こういう人は生きにくい世の中ですが、わかってくださる、求めて下さる方も少なからずいらっしゃるので、もう少し頑張りたいと思います。
 

Posted on 2014/05/23 Fri. 22:34 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

23

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2267-dfa0bbff
Use trackback on this entry.

Trackback
list