09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

Gentlemanの国?  

ここをお読みの日本人男性、以下の文章は、あくまでも、私は亭主関白、という言葉が存在しない家で育ち、中学から女子校へ通い、18歳でイギリスへ渡って現地にどっぷりと浸かっている人の話、としてお読み下さい。


 ごく最近、ドイツ在住の日本人女性、日本人ロールキャベツ男子と話す機会がありました。 

 私は、ヨーロッパ、というのはレディ・ファーストの国がほとんど、と思っていたのですが、やはりイギリスはその中でも、ずば抜けているのでは?と思い始めました。

 男勝りの女子校から渡英して、イギリスの高校は、男子が数人いるだけの女子校(17、18歳のコースは一部共学)。 大学生になって、音大と言えども、日本とは違って、男女比はほぼ半々。 まあ、男子の半分はゲイですが。
 
 カーディフの音大に入って、レッスン室兼練習室がある建物は、なぜか、廊下にたくさんのドアがありました。

 男友達と歩いていて、私は別に何も考えずにドアを開けること数回、ついには怒られました。

「みゆきは、僕のことを馬鹿にしているのか?」

 私は全くそのようなことはなかったので、そういわれたことにビックリ。

 「男と歩いていて、女がドアを開けるのは、男を馬鹿にしている態度になる」
と言われました。

 その数週間後、師匠、Dr.Sと歩いていて、先生は当時45歳だったのに、70歳近いおじいちゃん、だと思っていたので、目上の方だし、と思って、もちろん、私がドアを開けて押さえました。
 その次のドアが来た時、先生小走りになって、ドアを開けて、私を通しました。
 次のドアは、私はまずい、と思って、小走りになって、先生も小走りになって、チェイス。

 そこで言われたことは、友達に言われたことと同じこと。

「みゆきは、僕のことを男と思わないのか? みゆきの行動は、男を侮辱するのと同じことだ」

 私はカルチャーショックでした。
 それ以降、かなり気をつけるようになりましたが、今でも先生とドアがあるところを歩くのは、嫌です。

 もちろん、『一人の男として』であり、それ以上の感情はありません。
 あくまでも、女性に対して男性がすべきこと、というようなものです。


 これに慣れたころ、同じ大学の日本人の私より10歳近く年上の日本人男子生徒が、一緒に歩いていて、私がドアを開けるのを待っていたので、それに対して、再びカルチャーショック。

 
 全ては話していませんが、このイギリスの話をしたら、ドイツ在住の方々は驚いていました。
 やはりイギリスが特殊??

 どうしてこの話になったのか、というと、食事をしていて、この女性が男性にワインを注いだから、私が非常に驚いたことに始まります。

 日本在住ならまだしも、ヨーロッパ在住で、同じテーブルで男性がいるのに女性が男性にワインを注ぐ、ということがとても奇妙なことに見えてしまったのです。 

 
 私が知る中で、やはり一番スマート(痩せているという意味ではなく、行動が洗練されている?? 日本語訳わからず)なのは、修士号の時に師事したゴードン先生でしょう。
 師匠Dr.Sには絶対に言ってはいけないことですが、私は二人を知っている友達に、『紳士と野獣』と言って、皆から納得されていました。
 なんだかクールな妹でさえ、卒業式に来てくれた時、ゴードンを目の前にして、ポカーンとして、「Dr.S負けたね」という言葉がその場で出てしまったほどです。 師匠には絶対に内緒。 今度こそ、破門されます。

 でも、私はピアノを習う上で、イギリスで名が知られているゴードン先生よりも、Dr.Sに再びつくことにしました。 あの野獣さが私には合っているので。

 移民も増えて、イギリスも変わってきてはいます。
 でも、私が一番耐えられないことは、男尊女卑をされること。
 4年半耐えて、ついに耐えられなくなってやめた事もあります。
 
 日本は・・・ どうでしょう?????? コメントを控えます・・・・

 
 
 
 

Posted on 2014/05/04 Sun. 23:53 [edit]

category: イギリス事情

TB: 0    CM: 0

04

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2257-4596129b
Use trackback on this entry.

Trackback
list