07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ブリリントンの街 (4月24日) 

気がついたら、5月になっていました。

 早いもので、既に10日前のことになる、北イングランドのブリリントン(Bridlington)。
 昨年の8月末に訪れたことも、ブログの記事にしてありますが、折角なので、今回も。


140503-1


 ブリリントンの駅構内。 前回訪れた際には、おびただしい量のお花に圧倒されて、実は今回も内心楽しみにしていたのですが、ありませんでした。

 海に近いことを予想させてくれる駅構内です(どうしてかは、わかりませんが、色々と訪れていると、感じるものがあるようになるのです)。


140503-2


 駅の外側。
 小さな駅でも、趣があることが多いのが、イギリス。


140503-3


 前後しますが、駅入り口にある、カフェ。
 どうやら、お花の苗を育てている感じ???
 シーズンにあわせて、このお店が、駅のお花を飾っているのかも??と思いました。


140503-4


 駅を出て、街へ向かう道は、なんだか寂れた感じ。
 この街は、他のイギリスの地方都市とは、私はずいぶん違う印象を受けます。
 たった、8時間の滞在でしたのに(しかも、そのうちの数時間は、コンサート会場)、この夜、ロンドンのキングス・クロスに着いた時には、ハリー・ポッターの気分でした。



140503-5


 アイスクリーム屋さん兼キャンディー屋さん。
 いくつもこの街にはあります。
 このディスプレイというか、看板が、何とも時代をタイムスリップ。
 
 何だか疲れていたので、朝から、海を見ながら、アイスクリームを食べていました(ロンドンでは、このようなところでアイスクリームを買うことは、まず無し)。
 コンサート前に、何をやっているのだか・・・


140503-6


 船がたくさんとまっていて、この壁の向こう側は、海。 なのですが、あまりにも霞んでいて、海は見えませんでした。
 

140503-7


遊歩道にお花が一定の間隔で置かれているのですが、なんとも・・・ これが、日本人の方が憧れてる、イングリッシュ・ガーデンの国です。
 

140503-8


 昨年訪れた時にも驚いたのですが、カニ!!
 右側手前から、ご丁寧に、小さい順で並んでます。
 甲羅に値段が書かれてますが、1匹(単位があっているでしょうか??)現在のレートで、500円位?
 高級な食材には、全く興味が無いので、わかりません。
 カニとイカだったら絶対にイカです。


140503-9


 街の海沿い。
 ゲームセンターがたくさん並んでいます(ほぼ、ゲームセンターと、アイスクリーム&キャンディーショップ)。
 驚くことに、帰り道、ゲームセンターで遊んでいたのはご老人でした。
 何とも説明ができないのですが、競馬(自分で、馬を動かす感じ)まであって、お年寄りが夢中になっていらっしゃいました。
 ロンドンでは見かけない、超カルチャーショック。

 とにかく、この街は、50年前のホリデーロマンスか何かの映画をそのまま撮れるのでは?と思うほどです。
 一日、映画のセットに入っている気分でした。
 

140503-10


 海ですので、鷗(あえて、旧字。 そうでないと落ち着きません)の声が。
 昨年来た時には、レジャー施設だった場所が、今回は壊されて、新しいものを建設予定。
 その壊されたところに、鷗の大群が。
 それはもう、ものすごい音量でした。
 
 ということは、私が通った中、高校は、この鳥の名前ですが、やかましくて当たり前だったのかも・・・ 


140503-11


 海辺に、ファンフェア。 移動式のものかと思いきや、ここに常設されているものらしいです。
 それにしても、色使いがなんとも・・・ いや、ファンフェアの色使いは、ここだけではなくて、他のところも時代をいくつかさかのぼる感じです。

 海を見ながら、高いところにあがる乗り物は気持ちがよさそう、と思う反面、実はこう見えて、ジェットコースターも空中ブランコも、怖い乗り物は一切駄目な私は、絶対に乗りません。


140503-12


 海賊船??なんだか1.50ポンドで入れるアトラクションがあって、お姉さんが暇そうにしていたので、お一人様が得意な私は、一人で入ってみたかったのですが、ここに入ったら列車に遅れるので、やめておきました。 ちょっと気になるのですが。

 というわけで、海辺街のお散歩でした。
 2度目だったのに、またカルチャーショックを受けただけでした。
 

 

Posted on 2014/05/03 Sat. 23:09 [edit]

category: イギリス 遠出

TB: 0    CM: 0

03

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2256-be379574
Use trackback on this entry.

Trackback
list