03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

多人種にピアノを教えること 

イースターも終わり、北ロンドンの公立の学校は、今日、明日から新学期です。 南ロンドンのいくつかの地域は、イースターホリデーのスタートが一週間遅かったようで、今週いっぱいお休み。 私立は? 今週いっぱいのところもちらほら。

 イースターウィークエンドもあまり関係なしに、教えをしていました。
 現地組は、普段からお父様とも面識があったりするので、お休みでもお出かけをなさらない限り、レッスンを希望する方が多いように思います。 
 私も、コンサート、コンクールでレッスンをお休みしなくてはいけないこともあるので、なるべくご希望通りにレッスンをすることに努めております。


 私は、肩書きも何も無い、日本風に言うと、街のピアノ教師です。
 これをどのように捕らえるか、というのは私は今でも悩みますが、日本での認識は、特に早くに壁を作ってしまう日本では、街のピアノ教師=楽しく。 という感じなのかな?と私は今まで受けてきたインプレッションから思います。

 ここでも何度も書いてきているように、私にとって楽しいレッスン、というのは、ピアノが弾けるようになること。 自分で弾きたい曲を楽譜を見て弾けるようになること、です。

 イギリスは、中学進学、大学アプリケーションで音楽のグレードをとっていると有利になるため、もちろん、グレード指導をしています。 その代わり徹底的に。
 徹底的、というのは、お母様が毎日隣に座らなくてはいけない、とか、レッスンの内容をメモにとっていただく、とかでは全くありません。
 私にとっての徹底的、というのは、楽譜を読み込む力、打鍵(タッチ)、時代による演奏法の違いを徹底指導することです。


 4歳でも、普通に楽譜を読んでもらいます。 その代わり、右左、上下、高い低い、黒白、数字が1-5まで読めて、数を1から4まで口に出して言えない限りは、レッスンをしません。
 もちろんこれらがわからなくても、楽しく、リトミックなどを取り入れていらっしゃる先生はたくさんいらしゃいます。 でも、私にはそのスキルがありませんし、目に見えてピアノを上達させないと大変なことになる人種の生徒が多いからです。

 
 習ってすぐに、いつグレードをとれるのか、二年かかる、とお伝えしても、1ヵ月後には、次のタームにはグレードを取れるのか?とか聞かれることもしばしば。
 私は導入に時間をかけますが、きちんとやる生徒は、その後どんどんグレードをとっていきますし、良い成績で受かって、数年後には保護者の方々も納得して下さいますが、最初は本当に戦いです。 しかも、今は、命令口調、奴隷か?と思ってしまうような口の利き方をなさる人種の方が多いので、本当に大変です。
 でも、ポリシーは変わりません。 グレードを早くにとりたければ、そうさせてくれる先生はたくさんいらっしゃるから、そちらへ言ってください、というのみです。
 子供たちにとって大切なのは何か? 今楽譜を読まないで、先生が言うとおりに真似して、すぐにグレードをとるかもしれないけれど、すぐに躓く。 そういう子供たちを途中から、何人も見てきました。 でも、凄く苦労するのです。
 だから、それを、何度も何度も説明するしかない。
 「あなたは子供がいないから何もわかっていない」といわれたことも何度もあります。
 その度にいやな思いをしています。 でも、子供がいなくたって、私は子供の時の記憶を非常に覚えている方ですし、もちろん、至らぬ点もあるとは思いますが、多くの子供たちに接していますので・・・・


 今年になって、私に、何度も、「そんな風に私を見るのなら、他の先生に、もっと何も注意しなくて、上手ね!と言ってくれる先生に変わりなさい」と言われている生徒もいます。

 この子は、ちょっとでも気に入らないことがあると、注意されると(音を直すとか、数えるとか)私をにらみます。
 セオリーの時間は、テーブルにひじをついて、頭を乗せています。
 あまりにも私も頭にきていたので、にらむのは良くない。 私はあなたに、これ以上直すことをいえなくなる。 私もテーブルにひじをついて、彼女の真似をしてみせたら
「そういう格好で教えるのは良くない。 いやな気分になる」
 という答えが返ってきました。

 以前には、楽譜を貸しても、「ありがとう」も言わないで返す生徒もいました。
 ここはイギリスです。
 「Thank you」「Please」を最初に教える言葉、とよく聞きます。
 
 どんなに上手で、彼らが私の先生のサマーコースに参加することを望んでも、基本的なあいさつ、「Hello」「Thank you」が言えなければ、私は先生に紹介することはできません。
 私だって至らぬ点がたくさんあります。 でも、本当に基本的な挨拶だけはしてもらいたい。

 一人のピアノ教師として、どこまで口を出してよいのか、わかりません。
 人種の違いもあります。
 私だって外国人です。

 子供が練習をしないことを私のせいにして怒鳴られたり、命令口調で言われたり、私は、そして私の母もお稽古事の先生に対してしてこなかったことなので、面食らっています。

 多国籍、多人種が生活するロンドンでどのように生きていくのか、これからの私の課題です。
 某人種については、完全に駄目になってしまって、人種差別はよくない、と知っていても、わかっていても、拒否反応が出てしまう。
 
 凄く難しいです。
 

 
 

Posted on 2014/04/22 Tue. 15:18 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

22

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2249-67a5395a
Use trackback on this entry.

Trackback
list