06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ここはロンドン 

早いもので、帰って来てから数日。
 まだ2日しかレッスンを再開していませんが、雷を落とされた生徒(来週グレード試験なのに、どうするのやら・・・)もいれば、よく練習をしてあった生徒もいるわけです。 
 コンクールへ行く前、私が休むことに対して、私を怒鳴ったお母様もいらっしゃいます(他のことでも、納得いかないことで何度も怒鳴られているので、慣れてきた・・・)。 でも、そういうお宅に限って、結局のところ練習もできていなかった。 もちろん、上達のためにレッスンは必要。 でも、練習をしなかったら上達はありません。 何度も説明しているのですけれどね。

 もちろん、休んで申し訳ない、と思っていますし、それを伝えています。
 でも、私自身が勉強を続けなければ、良いレッスンもできなくなります。


 セルビアが恋しいです。
 行きに比べて、7kgも重くなって帰ってきた私のスーツケース。
 もちろん、行く時に手荷物にしてあった楽譜とか、コンサート用の靴とかをスーツケースへ入れて帰ったこともありますし、コンクールのプログラムも結構重め。

 それよりも、日本からイギリスへ来る時よりも、食料が多かったような気がします。

 今朝で、セルビアから買ってきたパンはおしまい。 寂しい。
 冷蔵庫を開ける度に、マーケットで買ってきた、千切りキャベツの酢漬け、まるごとキャベツの酢漬けの匂いが充満しています。 この千切りキャベツの酢漬けがおいしくて、日本のお漬物が大好物な私には、それにかわるようなもの。 
 ただ、これらは、ビニール袋でくるんできたものの、セルビアクオリティー(イギリスクオリティーも大してかわらない)では、飛行機の気圧に耐えられなかったらしく、大惨事にはならなかったものの、スーツケースも酢のにおい。
 セルビアへ行く時には、ジャパンクオリティーの蓋がきちんと閉まるタッパーを持参するのがよさそうです。
 キャベツの酢漬けを買う為にセルビアへ行く価値があります。

 
 先週木曜日に帰国早々イギリスに帰ってきた、ということを洗礼されました。
 
 フライトが夕方着、イミグレの長い列に並んで、一日ほとんど何も食べていないし、具合は悪いし、これからチューブに1時間20分、それからバスに乗って家へ帰ったら、夕食が遅すぎる、と思い、イギリス生活16年目にして、初めて、帰国すぐに空港でご飯を食べる、ということをしました。
 成田空港のように優秀ではありませんので、食べられるお店もほんのわずか。

 イタリアンでパスタを頼んだのですが・・・ 一口食べて、15年前のイギリスにタイムスリップ。
 空港でこのクオリティーは本当によくない。 

 
 そして、ヒースロー空港から出ているピカデリーラインに乗ること1時間20分、そこからバスで空いていれば15分で最寄のバス停。 最寄り駅は、違うラインなのですが、行きは良いのですが、帰りは、ホームからぐるっと階段を上り下りしないと、我が家側にいけません。 荷物があるとそれが不可能なので、エスカレーターがあって、バスにも乗れる駅まで移動することにしています。
 
 このバス、夜でも15分に1本来るはずだったのですが、20分経っても来ない。 やっときた、と思ったら、4つ目のバス停で終点になってしまいました。 まさに、イギリス。 もちろん、次のバスはまた長々ときませんでした。
 まさにイギリス洗礼。


 セルビア滞在中と違って、バスに乗っていても、チューブに乗っていても、様々な言語が聞こえてきます。
 ロンドンにいるのだな、と実感。
 
 今月末に向け、やらねばならぬ事務仕事は溜まりに溜まっています。
 ピアノの上の楽譜も入れ替えて、次の目標に向かっています。
 師匠のところへも行きたいのですが、なかなか先生と予定もあわず。
 これだけ休んだ後なので、さすがに、生徒のレッスンをお休みして自分のレッスンを受けるわけにはいきません。

 セルビア滞在記、続きます

 

Posted on 2014/03/18 Tue. 11:49 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

18

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2224-16bd01f1
Use trackback on this entry.

Trackback
list