07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

嬉しかったこと 

素晴らしい青空が広がりました。
今日は、Ash Wednesdayですが、イースターがきてしまったかのよう。

 今日の教えで、うれしいことがありました。

 一昨日ここに書いた兄妹の兄の話。

 昨年9月から私の生徒になったこの男の子。 先日も書いたように、非常に賢い子です。 きちんと意見も持っていて、どうしてピアノを弾きたくないのか、筋道をたてて、話してくれたような子です。

 無理強いはするつもりはありませんが、今までの生徒たちのことも含めて、自分からピアノをどうしても弾きたくて習う以外、最初から順調に行くことは稀です。
 ご両親とも話し合い、せめて半年、できれば、1年間は待って頂けたら、と話してありました。

 1月末のレッスンだったと思いますが、この子は、ピアノは弾けるようになりたい。 でも、楽譜を読むことに大きな抵抗があることがわかりました。
 前の先生は、音符を読ませることもしないで、楽しかったそうです。 
 ご両親の願いは楽譜が読めるようになること。 私も、もちろん耳からの訓練があることを承知の上で、これから先、イギリスでグレード試験を受けていくことも含めて、音符が読めないと困るし、数が少ないうちに読んでしまった方が抵抗が少ないのを今まで感じていたので、ここで、根気よく、譜面をよんでもらうことにしました。

 色、絵を使った楽譜の使用は、一切考えていません。 もちろん良い面もあるのでしょうが、私はあの楽譜から通常楽譜へのトランジションが冒険過ぎるからです。 それに、彼は読めるのですから、そういう楽譜を使うつもりはありません。


 この子が音符を読むことへの壁があることがわかったので、その時私が持っていた楽譜を見せてみることにしました。
 生憎、持ち合ちあわせていたのは、リストの巡礼の年 イタリア。 最初のページの『婚礼』を開いたら、興味を持ってきました。

 たくさん音符が書いてあるけれど、ドはド。 あなたの楽譜とは、まったく同じ。 
 今まで習った5つの音を一緒に探してみたら、興味を持ってくれました。 
 そして、タイの記号を指差し、「これ何?」 
 今やっている教本の中間で出てくるので、そのページを見せて、勉強を続けたら、こういう記号も全てよめるようになること、音が増えてくるだけで、あなたの楽譜も、私の楽譜も同じ、ということを話しました。

 「弾いてみて」といわれたので、初見で、ゆっくり弾いてみたら、楽譜と手を見比べながら、「今どこ??」といいながらついてきてくれました。


 先々週はハーフタームでお休みなさって、先週は私が体調が悪かったのでお休み。 久々の今日のレッスン。

 なんと、宿題をやった上で、次の曲まで弾いてありました。 数えながら正しい音で。
 全部習った音だから読める、ということがわかったそうです。

 とっても嬉しかったです。
 
 
 毎回のレッスンで、子供たちに問題を投げられ、それを解決していく。 用意していくことができない世界です。
 その場その場のひらめきで、今まで私はやってきました。
 子供は、自分たちに真正面から向き合ってくれているか、感じます。
 私自身がそのような子供で、嫌になるほど、子供の頃のことを覚えている人です。
 
 私のやり方が正しい、というわけではない。
 世の中には、私なんかと違って、多くの知恵を出して、工夫して、カラフルなグッズをたくさん使って楽しくピアノを教えていらっしゃる先生がたくさんいます。
 でも、私は、そういうタイプではない。 へそ曲がりが一人いてもよいかな、と思います。

 しっかりと子供たちに向き合って指導をしていきたいです。
 きっと、今こうして手を焼いている生徒たちも、2年後には、今の悩みの話が笑い話になるのでしょうから。
 
 
 

Posted on 2014/03/05 Wed. 22:00 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

05

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2214-7802332d
Use trackback on this entry.

Trackback
list