07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ミルン ピアノリサイタル 

 休みの日は引きこもっていることが多いのですが、久々に午後から出かけてきました。 しかも、久々のピアノリサイタルを聴いてきました。
 日本と違い、日曜日のコンサートが決して多くはない国です。 

 今回は、ショパン・ソサイエティーUKのリサイタルシリーズ。

 ハーミッシュ・ミルンという、イギリス人ピアニストのリサイタルでした。
 この方の名前は、友達を通じて知っていました。 友達が、彼のピアノ、指導に惚れ、後には、男としてほれていたので、一体どのような演奏をなさるのか、どのような方なのか、非常に興味がありました。 しかもこの私の友達は、美人で誉れ高く、周りから男が絶えたことがないような人です。 そのような人が惚れるのは、凄い人に違いない、と数年思っていたのですが、やっと機会が訪れました。

 ヴィクトリア駅にほど近い、ウェストミンスター大聖堂(あの有名なウェストミンスター寺院と数百メーター離れている、違うもの)の集会場のようなところでのリサイタルでした。

 プログラムは

 モーツアルト: ピアノソナタ K.281
 ブラームス: 6つの小品 作品118 より 第1,2、3番
 メトネル: 『忘れられた調べ』第2集より、 第3番『春』 第1番『瞑想曲』
 メトネル: 6つのおとぎ話 作品51 より 第1番 ニ短調

 ショパン:ボレロ 作品19
 ショパン: ノクターン 作品62-2
 ショパン: ピアノソナタ 第3番

 アンコール
  リャードフ: プレリュード
  バッハ/ラフマニノフ: ヴァイオリンのためのパルティータ より 『プレリュード』


 良くも悪くも、イギリス人ピアニストでした。
 私は、イギリスに住んで、イギリスの音大でピアノを勉強したものの、ピアニズムそのものは、手ほどきをうけた、師匠、Dr.Sのロシアンピアニズムによるものです。
 ですが、イギリス人ピアノ教師とも修士号の時を含め、勉強しています。 ですが、今日のピアニストとほぼ同年代の教師2人には、ついたものの、3ヶ月、半年弱、という長さで二人ともあわずにやめています。

 
 暖かさ、やさしさ(特にアンコールのリャードフとブラームスの作品118-2)がある演奏でした。 が、直感を言うと、非常に薄味であっさり。 これが、『English(あえて、Britishではない)』らしさとも言えます。 結局のところ、何がすきか、ということでしょう。

 正直なことを言うと、構築力が少々弱め。 メトネルの全集のCDを出していらっしゃるようで、楽しみにしていたのですが、モスクワ音楽院のイリーナ先生のメトネルの『忘れられた調べ』をよく聴いている私には、演奏された2曲が、最初何の曲かわからなかったのです。
 プログラムには、『忘れられた調べ』というのは抜けていたので、『春』というタイトルを見て、『忘れられた調べ』からだと思ったのですが、そうは聴こえなくて、帰宅後調べてそうだったことがわかりました。
 
 
 ショパンは、恥ずかしながら『ボレロ』の演奏を生で聴くのは初めてのはずです。
 聴いたら、3番のソナタを勉強したくなりました。

 教師として、王立音楽院で名をはせていらっしゃるし、私の師匠なんかよりも、もっと名高いサマーコースでの指導もしていらっしゃいます。
 どのような指導をなさるのか興味があるのですが、ことごとくイギリス人ピアノ教師と合わない私は、なかなか足を踏み出せません。
 
 
 

Posted on 2014/01/12 Sun. 22:14 [edit]

category: エンターテイメント

TB: 0    CM: 0

12

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2195-19a9095d
Use trackback on this entry.

Trackback
list