05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

家庭での練習 

 あっという間に年が明けてから、1週間以上経ってしまいました。
 
 年明け早々にゴタゴタし、不安定でしたが、落ち着いてきました。

 ピアノの教え、家での練習、ご父兄からの練習サポート。 先生、ご家庭によって、様々な考えがあるのは十分承知しています。
 
 この数日、色々と思うことがあり、そのタイミングで、カーディフの大学時代の友人というか、同じピアノ科の人と珍しくチャットでピアノ指導について語り合ってしまいました。
 相手は、イギリス人。 大学でもついていたのは、イギリス人教師です。 元々私の師匠の弟子についていましたが、あわなくて、やめました。

 
 日本は特に、専門的にピアノを勉強するような先生につくと、ご家庭での練習に親が付き添うことが当たり前、ということが多いように思います。
 『ピアノ(楽器?)指導』についてで修士号をとったイギリスのこの人は、リサーチで、イギリスで、親が練習に付き添うのは、10人に1人弱。 これでは、子供が上達しなくて当たり前。 ということになったようです。

 私は、お母様(もしくは、ご家庭で中心的に子供の面倒を見る方)に、練習時間の取得、声掛けはお願いします。 でも、練習の付き添いはご遠慮して頂いています。

そのかわり、何度もここで書いていますが、練習してほしい内容は、ノートに子供がわかる言葉で書きます。
 ノートに沿って練習をしてもらますが、もちろん子供ですので、完璧にできていない時も多々あります。
 その場合には注意をしますし、あまりにも酷ければ怒ることも。 そして、ご両親に、練習の声かけをする際に、「ノートを読みなさい」と一声掛けて頂く様にしています。

 もちろん、問題がある子供もいますが、今のところ、上達していますし、試験でもそれなりの成績で合格する子が多いです。

 私がご両親に練習を付き添わないで頂いているのは、子供は自分の力でできるようになる。 親に手伝ってもらいすぎると、楽譜がきちんと読めなかったり、レッスンを聞かずに練習だけを見る場合、色々な誤差が生じてしまったからです。
 きちんとできていなくて、私に注意されたら、それを学んでほしい。 失敗したって、それが上達、ピアノだけではなく、ほかの事にも注意力が増してもらいたい、という考えからです。

 自分の頭で考えて弾くこと。 これが私が求めていること。 最終的に、自分が弾きたい曲を楽譜をみて弾けるようになってほしい、ということなのです。 勉強、励みの為に生徒をフェスティヴァルに出しますが、私の指導の目的は、フェスティヴァルで賞をとることではありません。
 楽譜を読む力(リズム、音だけではなくて)をつけることです。  もちろん、生徒たちが賞を取ったらうれしいです。 でも、賞を取る為のレッスンではなくて、日ごろからの積み重ねが賞につながる。 そうであってほしいと思います。

 そういう点で、先日、レッスンをして2年になる6歳の女の子が買ってもらった楽譜を見て、自分できちんとしたリズムで弾きたい曲をひいてみせてくれたことに感激しました。 
 譜を読むのは面倒。 でも、読めたら、弾きたい曲が弾ける。 これを知ってもらいたいのです。

 それができていないと、賢い子なのに、最初楽しく先生が弾くのをまねすればよい先生に習ったら、何も残らず、今、指の形を気をつけたり、譜を読むことを全面拒否する子もいます。
 もちろん、そういう指導があうこもいますが、

 友達とチャットを通じて知ったことは、私なんかよりも、ずっと先生たちの集まりに参加したり、勉強をしている人なのに、子供に楽譜を最初から読ませるのは無理。 指の形をきれいにするのも、親が付きっ切りで練習を見ない限り無理、といっていること。

 できると思うのですが。 ピアノのレッスンは楽しくあるべきだ。 といわれてしまいましたが、楽しいって何? という疑問に再びぶつかります。 最初の1年、楽で楽しいレッスンの後、グレード試験に入ったら、初見ができない、先生が弾くのをまねして覚えていることに限界が来る。 そうするとピアノを練習するのも嫌。
 最初から、ピアノは指の形に気をつけて、楽譜を読むもの、と知ってしまえば、楽しくないかもしれないけれど、拒否反応は起こりにくい。もちろん、練習嫌いなこはたくさんいます。 でも、練習すれば弾けるようになるのを知っているから、一応練習する。 そして、弾きたい曲が弾けるようになる。

 長い目で見た場合、どちらが楽しいことなのか。 
 色々と考えてしまいました。 

 

Posted on 2014/01/10 Fri. 14:59 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

10

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2193-97f9d681
Use trackback on this entry.

Trackback
list