05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

指使い 

 どんどん日が短くなっています。
 スーパーマーケットに流れるクリスマスソングを聴きながら、今年はまだミンスパイもミュルド・ワインも食していないことに気がつきました。 今度の日曜日は、少しセントラルへ遊びにいけるかな?と思いつつも、人混みが凄そうで腰が上がりそうにありません。

 久々に、新しい大き目の曲に取り組んでいます。
 小品はちょこちょこと新曲を仕上げていましたが、10分を超える曲を仕上げるのは、一体いつ以来でしょう?
 学生時代に師匠に言われてやりかけて、放り出した曲、憧れて手をつけたものの、他の課題が忙しくて、結局は放り出した曲。
 楽譜棚の前で、色々と考えて取り出していたのは、こういう曲たちでした。

 当時の書き込みがあったり、練習番号が振ってあったり。
 もちろん、仕上げていない曲なので、結局は最初からやり直しですが、有意義です。

 今日は、上級の生徒たちのレッスンで、新曲の指番号書き込みを説明をしながらしていたので、これから、自分の曲の指番号決めをしながらの譜読み&暗譜はダラダラしていて始められませんが、年明けには、師匠が時間をとって下さるそうなので、さっさと暗譜して弾きこんでいかなくてはいけません。 クリスマスもお正月もありません・・・ 

 指使い、ピアノを弾く上で、とってもとっても大切。
 私のレッスンを受けたことがある方はわかると思いますが、私はこれに厳しいですし、気に食わなければ、書いてある指使いをどんどん変えていきます。 もちろん、変なことはしません。
 指使いが守れていなくて変な弾き方をしていれば、たとえ、音があっていても、全てやり直し。
 変な指使いで、毎回違うように弾いていたら、いつまで経っても、曲ができあがらない、というのが私の考えです。

 日本は、実用版の楽譜(老舗ですと、音友とか、全音)が充実していますが、こちらではそれが少ないので、子供でも、基本的に、原典版を使わせています。 イギリスのグレード機関が、主要なものの楽譜は実用版として出版していますが、私は指使いに関して非常に相性が悪いので、極力避けています。 この版と原典版(といっても、ペータースあたり)は、こちらではたいしてお値段も変わりません。

 もっとも、日本の実用版も指使いが気に入らなければ、どんどん変えてしまいます。
 余談ですが、全音は曲の網羅、ということでは優れています。
 こちらにも、日本の出版社の楽譜が結構入ってきていますので。

 カーディフのディプロマコース時代、私の師匠には、2人の学部1年生がいたのですが、なぜだか私の指使いを信用していた師匠は、このうちの一人が指使いがめちゃくちゃだから、私が週の真ん中で、譜読み、指使いを直す、というアシスタントのようなことをするように私に告げていました。
 もちろん、それまでの3年間で、師匠は、ただ指使いを書き込むのではなくて、理論的に指使いの決め方を叩き込んで下さっていたのですが。

 
というわけで、よくここで話題にあがる、昔は、「みゆきなんてにんじんになっちゃえ!」と言っていた9歳の男の子は、あの当時が懐かしすぎるほど、理解するようになりました。 バッハのインヴェンションも4曲目に入って、今日は一緒に指使い決めをしていましたが、驚くほど初見で弾いていくので、うれしいばかりでした。
 『ショパン、ショパン』とこのところ騒いでいたので、ついに、解禁。 どうなるのか、楽しみ。
 
 自分の練習をもう少し。 夜中は暗譜がはかどります。 明日は一日中の教えなので、ほどほどにしておきますが。

Posted on 2013/12/06 Fri. 23:51 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

06

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2180-e8fd4ec0
Use trackback on this entry.

Trackback
list