05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

嬉しい1位 

寒さが本格的になってきました。 珍しく日曜日なのに、8時半過ぎまで教え。 外は白く見えました。

 先週、1週間ピアノのレッスンをお休みしましたが、その間、きちんとやってあった子が多くて、一安心。 もちろん、そうでない子達もいますが。

 そんな中、昨日、今日は(来週の週末にも続きます)西ロンドンのフェスティヴァル。
 例年、3月と4,5月頃の北ロンドンの2つのフェスティヴァルに希望する生徒たちを出していますが、今回初めて、この西ロンドンのものにお声をかけてみました。 
 ちなみに、フェスティヴァルとは、発表会とコンクールの中間のようなもの。
 日本のコンクールのようなコンペティティヴな雰囲気は薄いですが、
 1位から3位(基本的に、一人ずつ)まで発表されますが、きちんとした講評を頂けます。
 
 この西ロンドンのフェスティヴァルは、多くのほかのフェスティヴァルとは違い、ピアノのみ。
 70近くのクラスに分かれていました。
 初心者から、大人まで。
 年齢でわけたもの(5歳以下から)から、グレードで分けたもの、時代でわけたもの。 色々とあります。

 
 フェスティヴァル参加常連の、9歳の生徒(男)が、昨日、12歳以下のバロックのクラスで、バッハのインヴェンション 第4番を弾いて、1位を頂きました。 そして、今日は、グレード7に挑戦して、どうやら、CPEバッハの曲で、再び1位を頂いたそうです。 
 彼は、2,3位は他のフェスティヴァルで頂いていましたが、1位は今まで取れていなかったので、とても嬉しい。
 私は、教えを休めず、全く聴きに行けていません。
 
 しかも、バッハで、というのが、何よりも嬉しいこと。
 その代わり、徹底的に、バロックのスタイルの説明、細かいところまでの指導はしています。

 
 もちろん、ご両親は、練習時間の確保、声かけをして下さっていますが、練習内容に関して、彼はご両親の手を借りていません。
 私が書いているノートを見ながら、自分で、一人で練習をしています。
 もちろん、きちんとできていない時もあります。
 でも、それは、彼自身が一番感じ、わかっているので・・・
 正直、サマーコースなどで、日本人、ロシア人のお母様方は、レッスン中、メモを取り、練習に付き添う、というのを見て、そうした方が上達が早いのでは?と思わないわけでもありません。
 ですが、私は、子供たちの力で上達も可能だと思いますし、そうなってほしい、と思って、基本的に練習の付き添いはお断りして頂いています。
 

 私は出張レッスンのみです。 ご自宅には、中古のヤマハのアップライト。
 普段はグランドピアノに触られず、本番の時の一発勝負。
 それでも、賞をとってきます。
 
 グランドピアノがあっても、叩いて弾く子もたくさんいるわけですから・・・・

 
 この子を完全な導入から教え始めて、4年半。 4年前には、
 「僕はピアノなんて大嫌いだ! この部屋からピアノなんて運び出せ!」
 「みゆきなんて、にんじんになってしまえばいいんだ! そうしたら、もうピアノなんて教えられなくなる!」
 
 と散々困らさせられました。 
 そして、挙句の果てに、Flirtしてばかり・・・
 
 でも、あきらめずに続けたら、ピアノが大好きになった。
 今では、
「いつになったら、ショパンとモーツアルトを弾かせてくれるの? 僕はショパンが弾きたくて仕方がないよ。 バッハは大好きだから、もっと弾かせて!」
 と言うようになりました。 グレードの試験が終わったらのお楽しみ。

 
 3月のフェスティヴァルの前日に、私は骨折をし、4月のフェスティヴァルの時には、ギブスをしていたので、右手だけしか、弾いて見せてあげることができませんでした。
 今回は、私の真似をする、という意味ではなく、ニュアンス、バランス、音質、直前まで弾いて見せてあげられたので、嬉しい。
 

 フェスティヴァルの賞は嬉しいものですが、これはがんばったご褒美。
 私は、賞をとらせるレッスン、というのが嫌いですし、それもできない。
 本質的なものはきちんと捉えた上で、後は、審査員との相性です。
 でも、今回、特にバッハはとてもよく弾けていたので、それが、結果につながってよかった、と思います。
 
 
 

Posted on 2013/11/10 Sun. 22:55 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

10

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2155-f9ff14a4
Use trackback on this entry.

Trackback
list