09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロイヤルバレエ『ドン・キホーテ』 10月25日 扶生ちゃん、 ティアゴ 

 19日にスタートした、『ロミオとジュリエット』はもとより、11月のトリプル・ビルでさえ、完売になっているロイヤルバレエです。 先日は、次の一般発売もありましたが(今回は、諸事情により、外での夜を明かすのはしていません)、安い席狙いの私は、一枚もチケットを買うことができませんでした。

 さて、2011年3月(4月だったかも・・・)に入団の金子扶生ちゃんの全幕主役デビューでした。 1月に『くるみ割り人形』の金平糖の精で主役デビューはしていますが、やはり、全幕、というのはまた違うと思うので。

 普段は、ここに写真は載せませんが、折角の素敵なデビューでしたので、今回だけ、カーテンコールの写真を。

 
 どういうわけか、先日から、縦長の写真が、今まで通りの処理をしても、このブログでは、90度傾いてしまいます。 解決策をみつけようとしているのですが、わかりません。 そして、今は、時間を費やせないので、申し訳ございませんが、首を90度傾けてご覧ください。


131025-1



 


 『ドン・キホーテ』 カルロス・アコスタ版、 ミンクス作曲

 ドン・キホーテ: ウィリアム・タケット
 サンチョ・パンサ: ジョナサン・ハウエルズ

 キトリ: 金子扶生
 バジル: ティアゴ・ソアレス

 ローレンツォ(キトリの父): ギャリー・エイヴィス
 
 ガマーシュ: ベネット・ガートサイド

 キトリの友人: ユフィ・チェ、 ベアトリス・スティックス・ブルーネル 
 
 メルセデス: ヘイリー・フォーキット
 エスパーダ: ヨハネス・ステパネク
 
 闘牛士たち: 平野亮一、 ダーウィッド・トルツェンシミエック
        ヴァレンティーノ・ズチェッティ、 トリスタン・ダイヤー、 エリック・アンダーウッド、 フェルナンド・モンターニョ

 4人のいたずらっ子(?): ルカ・アクリ、 蔵健太、 マイケル・ストーイコ、 ベンジャミン・エラ

 《第1幕》

 ドルシネア姫: クリスティン・マクナリー
 
 町の人たち: ロマニー・パジャック、 サビーナ・ウエストカム、 カミール・ブレイチャー、 ピエトラ・メロ・ピットマン、 メガン・グレース・ヒンキス、 デメルツァ・パリシュ、 ヤズミン・ナグディ、 ティアニー・ヒープ
 マルセリーノ・サンベ、 ニコール・エドモンド、 ジェームズ・ウィルキー、 ケヴィン・エマートン、 エリーコ・モンテス、 ドナルド・トム、 トーマス・モック
 他

 《第2幕》

 ジプシー・カップル: ディアドル・チャップマン、 エリック・アンダウッド

 森の女王: メリッサ・ハミルトン
 キューピット: エリザベス・ハロッド

 森の精たち: 高田茜、 ヤズミン・ナグディ、 メガン・グレース・ヒンキス
        ヘイリー・フォーキット、 オリヴィア・コウリー、 クリスティン・マクナリー、 ベアトリス・スティックス・ブルーネル 他

 
 《第3幕》

  宿屋の女: クリスティーナ・アレスティス

  GPDの群舞: エリザベス・ハロッド、 高田茜、 ロマニー・パジャック、 フランチェスカ・ヘイワード、 ピエトラ・メロ・ピットマン、 ヤズミン・ナグディ、 メガン・グレース・ヒンキス、 オリヴィア・コウリー
 
131025-2


 



131025-3


キトリの友人役のユフィちゃん。 数を重ねるごとに、どんどん演技も変わり、楽しませて下さっています。

 

 

Posted on 2013/10/25 Fri. 23:43 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

25

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2145-d4f9b559
Use trackback on this entry.

Trackback
list