08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

導入レッスンの大切さ、そして責任 

 今回の新年度ほど(イギリスの学校の新年度は9月)、新しい方からのピアノ、楽典(セオリー)レッスンのお問い合わせが多かったことはありません。 全て、今までの生徒たちからのご紹介です。
    
 5、6歳の生徒が、一つの曜日に一気に3人増え、近々今までの生徒の妹さんも始める予定なので、同じ曜日に導入が重なります。 導入のレッスンは大好きなのですが、非常に責任があることなので、さすがに、ぐったりでした。 もちろん、レッスン中は、そんなことは、全く感じませんが。

 2人は、既に半年ほど他の先生とレッスンをしてから私へ。 一人の方は、春頃、一度お問い合わせを頂いていたのですが、骨折中でそれどころではない、そして、その地域は既に3日行っていて、移動時間を考えると、とてももう一日その方の空いている曜日にそこへ行くことはできませんでした。
 今回、夏前に引越しをしたことにより、私の動ける範囲も変わりました。 そして、今までの生徒たちの曜日変更、曜日を代わってくださる方々により、今回再びお問い合わせを頂いて、レッスンが可能に。
 
 様々なピアノの先生がいること、そして、習う側も、違う要望を持っていらっしゃることを百も承知しています。
 それでも、半年のレッスンで、全く楽譜が読めない。 指の形は知らない。 リズムもわからない。
 私には信じられないことです。 先生のせいにしてはいけませんが、2回のレッスンで、きちんと学べていくことを見ていると、悲しくなりました。
 
 もう一人の子も、半年違う先生とレッスンをしていましたが、なんと、イギリスのグレードで、2(わかりやすくいうと、ブルグミュラーの、1、2番)しか受かっていない(それしか弾けない)先生だったそうです。 ご自身がグレード2まで取っているから、導入の生徒だけを教えていらっしゃる方がいるそうです。
 こういう話は他でも聞いたことがあり、グレード5くらいの先生がいる、とは知っていました(実際にその方を存じ上げているわけではありません)。
 グレード2のレベルでも、しっかりと導入が教えられるのであれば、それでよいと思います。 が、現実はそれほど甘いものではありません。 
 私のレッスン費の3分の2くらいだから、最初だから安い先生で、というご家庭はとても多くあります。
 誤解の無いように言っておきますが、私のレッスン費は、ロンドンで、大学院卒、生徒たちの結果を出す、という中ではずば抜けて安い方です。
 確かに半年安かったかもしれませんが、何も身についていない。
 
 この子も、かわいそうですが、全て1からやり直しです。

 私の教え方が絶対に正しい、とは言えないですし、他の方法ももちろんあります。
 ですが、半年で、同じくらいの年齢の子を1から教えると、もっと進む。 きちんと細かいことを理解した上でです。

 導入が本当に大切。 
 
 『楽しいピアノレッスン』 何度かここにも書いていますが、『楽しい』って一体何なのでしょう??
 最初は、歌にあわせて音符も、リズムもわからずに何となく楽しく弾く。
 ちょっと進んで、楽譜を読むようになったら、一気に難しく思って、弾けない。 だから、ピアノが苦痛。
 こういう子を何人も見てきました。 
 
 5歳でも、6歳でも、楽譜は読めます。 最初に、ピアノを弾く時の指の形、音の名前、楽譜の読み方を説明すると、子供たちは、目を見開いて、興味深く覚えよう、としているようです。
 そして、最初のレッスンでそれが当たり前、ということにしてしまえば、もちろん、途中で躓くことがあっても、乗り越えられるように私は思います。
 
 夏に日本で出会ったピアノの先生とお話をさせて頂いて、印象に残っているのは、
『楽しいピアノのレッスンって、何かを乗り越えること。 弾けるようになった時の喜びよね』
とおっしゃっていました。
 彼女の生徒さんのレッスンを1度させて頂いて、あの時は、わけわからぬことを、急に色々な要求をされて、小学校1年生の頭には、大変だったと思います。 とても、しっかりとした、賢そうな子でしたが。
 それでも、彼女は何かを掴み、次のレッスンの時、他の曲で私に言われたことを新しい曲に自分で取り入れて、理解して弾いてきたそうです。 それで、上の言葉をこの先生は発していらっしゃいました。

 
 私の生徒たちで、躓いていない子はいません。
 みんな、ステップアップする時は、苦しいし、練習が止まってしまう子も、何人もいました。
 でも、何度も同じことを繰り返したり、楽譜をもう一度きちんと読んでそのとおりに弾けば、弾けることを次のレッスンで一緒にする。
 そうすると、これを数度繰り返してしまっても、いつかわかるときがくる。
 
 夏休み後に私に雷を落とされた子も、4、5回の雷を経験し、だんだんわかってきて、今では、できないところを、3回繰り返してもできないかもしれないけれど、4回目でできるかもしれない。 10回繰り返せば、絶対にできる!ということをわかってもらえたようです。 レッスン中の顔つきも、態度も、変わってきました。 彼女は8歳。

 
  趣味でやるにしても、いや、趣味だからこそ、導入が大切。
 私はピアノを子供たちに教え始めた時に、母から言われた言葉があります。
『絶対にピアノ(音楽)を嫌いにしないで』

 これを、毎回新しい生徒が入るたび、そして、雷を落とした時、肝に銘じています。

 ピアノを嫌いにさせない。 でも、大きくなって、好きな曲を楽譜を見たら弾けるようになってほしい。
 私が望んでいるのはそれだけ。

 もちろん、グレード試験があると、厳しくなりますが、頭ごなしには絶対に怒りません。
 求めることは厳しい。 でも、怒るのとは違う。

 私自身、子供の頃から、バレエの先生がとんでもなく厳しかった。 それでも、やめたいとは一度も思ったことがありませんでした。 先生が頭ごなしに怒るのではなく、私たちを上手にしよう、と思って、きちんと内容のある厳しさだったからだと思います。 友達と文句を言いながらも、誰もやめなかったので、子供は子供なりにわかっていたのでしょう。
 

 今回、こうして、半年習ったのに、再びやり直し、の子供たちを一気に2人引き受けて、本当に色々と考えさせられました。 

 責任を持って、気を引き締めて、レッスンをしていきたいと思います。

 明日から、7日間で、北イングランドへ3回日帰り演奏です。
 明日は、ユーストンを6時過ぎ発。 来週の木曜日は、5時40分頃の列車。 ということは、家を出るのは・・・
 まずは、昨年6月に声をかけて頂いた後、今年1月に次いで、3度目の演奏になる、マンチェスターの北郊外へ行ってきます。
 
 
 
  
 
 

Posted on 2013/09/19 Thu. 22:47 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

19

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2126-683cb512
Use trackback on this entry.

Trackback
list