07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

明日からサマーコース 

 途中、曇ったものの、ほぼ青空。
 それでも、刻々と秋の空気が近づいています。 

 ロンドンに帰ってきて、スーパーマーケットへ行って、真っ先に手に取ったのは、オリーブ。
 日本で食べられなかった、好きな食べ物を満喫しています。
 
 珍しいことに、明日は、午後の早い時間に家を出ればよいのに、この私が、荷造りの半分を終えています。
 寮に泊まるので、ベディングはついているものの、タオル等は、持参です。

 今年は、3週間ほど前に、サマーコースの主催者である師匠、Dr.Sから、参加者への、注意書き等が送られてきました。 
 未だかつてなかったほど、丁寧、かつ、細かい内容。

 いつもなら、どこかに見落としそうになりそうになるくらいの書き方の、タオル持参。 今回は、箇条書きの注意事項の中に、赤字で書かれてありました。
 しかも、コンサートの服装を持ってくるように、との注意書きまで。 後半のコンサートは、Tシャツ、トレイナー(運動靴)、ジーンズ禁止、とまで。
 
 音楽のサマーコースに参加するのに、信じられないことに、今まで、毎年、1、2人は、そのような格好を持ってこない人がいたのです(高い確率で、その1人は、日本人)。

 先生方も、学んだのでしょうね。
 
 一応、日本にいる間に、メールが来てすぐに、斜め読みはしてあったのですが、先ほど、もう一度確認の為に読んでおきました。
 
 私は、この講習会にしか参加したことがないので、他との比較対象ができませんが、聞いたり、読んだりした話だと、他の講習会は、あくまで、レッスンだけ。 最後にコンサート、ということもあるようです。

 このコースは、居住型なので、ロンドン郊外の中、高の音楽学校の敷地内を使用して行います。
 レッスンは毎日、2回。 練習室も、全員に割り当てされていて、夕方の2時間ほどを除けば、自由時間はありません。
 夜は、毎日コンサート。 生徒たちのものであったり、先生方のものであったり。
 今年は、1996年のリーズ国際ピアノコンクール優勝者の、イリヤ・イティーンがいらっしゃいます。
 私は知りませんでしたが、日本の武蔵野音楽大学で、客員教授もしていらっしゃる(いらっしゃった?)ようですね。
 
 いつも、楽しみにしている、イギリス人の老婦人、ルース先生が、今回はいらっしゃらないのは、申し込み時から知っていました。
 もう一人、サマーコース始動当時から教えていらっしゃる、イギリス人のアンドリュー先生のお名前が無いことに、今日になって気が付きました。

このコースは、習う先生を選べません。 まさに、ロシアン・ルーレット。
 毎朝、その日のレッスンスケジュール表を見る時には、習いたい先生に習えるかどうか、ドキドキです。

 
 イギリス系と、ロシア系が半々くらい。
 ロシア系が合う人もいれば、イギリス系が合う人もいます。
 受講者のほとんどから、絶賛される先生もいれば、そうでない先生もいます。
 その絶賛されない筆頭の一人は、わが師匠。 そして、私が昨年声をかけて頂き、私も陶酔していた、先生。

 この二人は、会う人は凄く合う。 でも、求めてくることが、他の先生方とずいぶん違うこともあり、打鍵方法などから直されると、大変なようです。

 昨年は、多くの受講者から、ある一人の先生についての苦情が相次ぎました。
 皆さん、主催者には、直接言えないので、伝えてもらえるであろう、私にその話をしてきます。
 ということで、代表で、お伝えしました・・・

 
 今日になって、今年は、ポーランド人の先生が入っていることを知りました。
 今回は、珍しくショパンを持っていかない予定だったのですが、半年以上放ってある、バラードを、今夜頑張って、やり直そうかな、なんて思っています。 いや、未だに怪しいリゲティの暗譜を定着させることの方が先かも・・・

 
 私のピアノが最悪の状態であった、2008年のサマーコースのブログ記事を読み返し(あの年は、唯一、毎日サマーコース中にブログを毎日アップしてあったようです)、色々と考えさせられました。

 というわけで、私の左手がもってくれることを祈り、そして、一人三役の私を、師匠がダブル(いや、トリプル?)ブッキングしないことを祈って、明日から、『恵まれた牢獄』での1週間をすごします。

 昨年は、全体的に、電波の入り方が悪かったのですが、モーバイル・ブロードバンドなので、途中、更新できたら、と思っています。

Posted on 2013/08/10 Sat. 19:44 [edit]

category: サマーコース 2013年

TB: 0    CM: 0

10

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2098-c2923be4
Use trackback on this entry.

Trackback
list