09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

生徒たちのレッスン 

 日本から3日。 日本へ行ったのは、遠い昔のように感じます。
 不思議なことに、日本にいる時には、一度も(いや、1回だけ、歯医者の先生から、お前、変なものつけてるな、と言われました)聞かれることがなかった、私の、左手の骨折のサポーター。 イギリスへ帰ってきてからは、毎日、2回はどうしたのか、と聞かれます。 国民性の違いですね。

 生徒の半分近くが、既にホリデーから帰ってきたか、これから行くかで、ロンドンにいるので、この3日間は、教え。

 4週間以上間があいた、私の生徒たち。
 4週間で、背が伸びたり、身体がしっかりした子達も。
 夏休みで時間がある時に、それまでは何だったのだ?といいたくなるほど、譜読みを進めてあった生徒。
 曲はやってあったけれど、あれほど口をすっぱく言っているはずの、スケール、アルペジオ、初見を、完全に前回のレッスンから手をつけていなかった生徒。
 練習はしているけれど、適当にしかやっていなかった生徒。
 色々です。

 指使いも、フレーズも、リズムも守らずに弾いていて、私に注意されるのは、本人が一番わかっているはず。
 私は怒ってもいないのに、泣いた生徒もいましたが・・・
 ノートに書かれていることを、やらなかった。 それを指摘されて、本人が一番辛いのです。 でも、それがわかる子で、よかった。 指摘されても、全然気にしない子達もいないわけではないので。

 というわけで、長い休みの後のレッスン、というのは、通常よりも、疲労が・・・ 
 しかし、さすがに私の生徒!と思ったのは、指使いで疑問がある部分に、しっかりと印をつけてあった子も。
 普段から、私は指使いに対して口うるさいですし、楽譜に書かれたのもに疑問があれば、どんどんと変えていきます。

 今回、日本での指導もして、改めて、イギリス(私の場合は、ピアノの指導そのものは、ロシア系)との違いを感じています。


 音大、音高入試の為に、とてもハイレヴェルなソルフェージュでの、書き取りをする日本。
 対して、イギリスでは、書き取りよりも、聴いて歌ったり、ブルグミュラーの最後のあたり程度の演奏ができるのであれば、子供でも、音楽史の知識が必要になってくる。
 日本の穴埋め式ではなくて、1ページ程度の曲を聴いて、どの時代に書かれたのか、どうしてそう思うのか、ということを答える必要がある。
 この知識は、聴音の時だけではなく、ピアノ(もちろん、他の楽器も)を弾く時に、大きな糧になりますし、教える側も、教えやすい。
 私は、ただただ弾くのではなく、趣味でピアノを弾くのであればこそ、意味のある、理解した音楽を奏でてもらいたい、と思っているのです。

 日本での教えは、とても有意義でしたし、みんなが、遠くまで届くようなきれいな音で弾けるようになったら嬉しいので、これからも、このようなお話を頂いたら、日本での指導は続けさせて頂きたいと思っています。
 でも、私には、音楽を総合的にとらえていく、イギリスのレッスンのあり方の方が、ずっとあっているようです。
 
 明後日からは、サマーコース。 今回が10回目の参加になります。
 ロンドン郊外ですが、周りにはお店が無いので(コストコが徒歩圏内にありますが会員証を持っていません)、そして、その時間も無いので(一日中、ピアノ漬けです)、準備がそれなりに大変。
 食事は3食ついていますが、事情がわかっているリピーターたちは、ミネラルウォーター持参です。
 そうでないと、食事時以外は、飲料水も手に入りません(もっとも、洗面所のお水を飲むことが気にならない人は大丈夫ですが)。
 
 明日は自分のピアノの弾き込み。
 手のこともあって、例年よりも、準備が少々危ない中での参加です。
 それでも、結局伺うことができなかった、イスラエルの去年声をかけて下さった先生のレッスン、師匠のレッスン、ずっとモスクワで待っていて下さる先生のレッスン、恐怖と共に楽しみです。
 そして、通訳のお仕事も入ってくるので、少し、日本語での音楽用語を見直します。

 

Posted on 2013/08/09 Fri. 21:48 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 3

09

Comments

歯医者 

私も同じ歯医者に通っています。お前、変なものつけてるな、なんてひどい言いようですね。他に言い方はないんですかね。これからのご活躍をお祈り申し上げます。

URL | ねこ #ZQHR2uUw | 2013/08/11 03:12 | edit

Re: 歯医者 

 ねこさんへ

 私が通っている歯医者を知っている方はとても少なく、どちら様かしら?と気になっています。 書いてあるメールアドレスへメールをしたものの、行き先不明で、戻ってきました。
 もしかして?と思う方がいらしゃって、先日家族が、「ねこお好きですか?」と伺ったのですが、好きではないようです。 
 先生の口の悪さは、とてもわかっているので。 口は悪いけれど、お人柄が良いので、あそこは、混むのでしょうね。
 ありがとうございます。

 

URL | Miyuki #- | 2013/09/14 08:03 | edit

歯医者 

アドレスにご返事をして頂き、失礼しました。規制がかかっています。すみません。医院長はお話好きな方ですね。副医院長の口の悪いというのはご存知なんですね。貴方様のお人柄に甘えていらっしゃるのかもしれませんね。楽しそうにうかがえます。もし、違っていたらごめんなさい。

URL | ねこ #- | 2013/10/31 02:03 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2097-4f33b36d
Use trackback on this entry.

Trackback
list