05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

あれから8年 


 暑いです。 日本はもっとですよね・・・
 
 7月7日。 ロンドンだったら、確実に彦星と織姫が会えるような天候です。
 が、2005年を境に、違う日になりました。 日本の方々にとって、3月11日が忘れられない日になったのと同様、当時イギリスにいた人たちにとっては、忘れてはいけないのが、7月7日ではないか、と思ってなりません。

 2005年7月7日木曜日、ロンドンでの同時多発テロが起きた日。
 2005年9月にロンドンに移った私は、当時カーディフにいましたが、毎週木曜日にはピアノのレッスンの為に、カーディフからロンドンまで通っていました(大学が交通費を出してくださいました)。
 たまたま、この日は先生のご都合で、レッスンが土曜日に変更になっていたので、私はカーディフにいました。
 よって、木曜日、ということも鮮明に覚えているのです。
 もし、ロンドンに行く日であっても、まだロンドンにつく時間ではないので、無事でしたが、あの日の交通網の乱れを考えると、どこかの駅で、立ち往生、ということも考えられます。

 私は、朝から大学の練習室に篭って練習。
 夕方になって、母から珍しく携帯電話に電話がかかってきて、事を知りました。
 母は、たしか私からレッスン日が変更になった、と聞いたように思っていたものの、通常はロンドンに行く日なので、心配して、電話をしようにも、ずっと繋がらなかったそうです。
 
 急いでコンピュータールームに行って、情報収集。
 いてもたってもいられなくなり、急いで当時住んでいた寮に戻って、テレビにかじりついていました。
 私にとって、テレビがあるところに住んだのは、あの当時の3ヶ月だけ。 不幸中の幸い、とでもいいましょうか。

 
 翌々日、恐怖の中で、予定通り、ピアノのレッスンへ。
 先生へ、確認の電話を入れたものの、さすがロシア人、私が何を心配しているのかさえ、わかってもらえませんした。
 怖くて地下鉄には乗れず、バスで1時間以上かけて先生のお宅へ向かいました。 それも、すぐに逃げられるようにドアのそばで。
 今から考えれば、テロの後は、一番安全だったのかな、とも思いますが、そのときは、ほかの人にそういわれても、それを信じることはできませんでした。

 あの時、亡くなった方々のご冥福をお祈りすると同時に、また気持ちを引き締めて、ロンドンでの生活を送りたいと思います。
 
 そして、2年前の今日は、セイシェルから帰国した日。
 今年は、この手の状態では、大量の伴奏は不可能でしたが、また行きたい、あのピュアな子供たち、ホストファミリー、白い砂浜、透き通る海に会いたくて仕方がありません。
 

Posted on 2013/07/07 Sun. 17:27 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

07

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2090-e82a255f
Use trackback on this entry.

Trackback
list