10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

夏休み前レッスン、楽譜の片付け他 

 先日の、ちょっと寒い日をはさんで、やっと夏になりました。
 といっても、日本に比べればまだ涼しいでしょう。
 ロンドンの人たちは、日本の30度を越える気温の時よりも薄着のように思います。

 もうすぐ学年末、ということもあり、学校行事など色々と生徒たちは忙しいようで、今週はレッスン変更もちらほらと。
 これに加え、私が4週間レッスンをお休みするので、ロンドンに残る生徒たち、ホリデーに行くけれど、私が日本から帰ってくる前に、ロンドンに帰国する子供たち、渡航先でピアノがある環境の生徒たちには、まとめて宿題を出しています。
 
 今日も、ロンドンに残る生徒で、グレードの関係で(早い話、中学入試の為に、早くにグレードを上げておきたい)この夏休みに譜読みを進めなくてはいけない生徒には、毎週レッスンがあると仮定して、譜読みの分量を割り振りました。
 いつもの宿題ノートに、7月12日からの1週間は最低、この部分、 7月19日からの1週間は、最低この部分、というような具合で指示を出しました。

 やはり、3、4週間あると思うと、最後まで溜めてしまう子が結構多くいるのです。
 このときとばかりに、大量にやってくる子もいますが、少数派。

 そんなこんなで、レッスン後は、ぐったり気味。

 
 と同時に、引越しを機に、増えた楽譜の整理。
 こういう時でないと、と思って、やっと目録を作ることに。
 特に、古楽譜屋さんで手に入れた楽譜は、段々と存在を忘れがち。
 目に付きやすい楽譜はよいですが、1曲のピースなど、いつの間に、これを買ってあったのだ!と思うことも。
 まだまだ終わりません。
 目録作りをしながら、生徒たちの選曲もできたので、一石二鳥でしたが。

 楽譜を見ていると、弾きたい曲が、たくさんあります。
 他の楽器に比べて、ソロのレパートリーに恵まれているピアノ。
 どれだけ、弾くことができるでしょう??

 こういう時に限って、バレエ公演が目白押し。
 先日、ロイヤルバレエスクールの公演には1度行ってきましたが、引越し公演中のボストンバレエは、どうなることやら。
 今日はいけると思っていたのですが、振り替えレッスンが入っていたことを、思い出しました。
 日本では、ロイヤルバレエの日本公演が今日から開幕。
 飛んでいって、観たい気持ちでいっぱいです。

 というわけで、めちゃくちゃです。
 

Posted on 2013/07/05 Fri. 20:27 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

05

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2088-bcee93a4
Use trackback on this entry.

Trackback
list