05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

日本でのピアノ(楽典)指導のお知らせ 

130628


再来週から日本に滞在いたします。

 7月14日の名古屋での公開レッスンを始め、日本での指導を行います。
 7月15日から7月25日までは、名古屋をはじめ、関東を離れてのレッスンが可能になります(JR沿線であれば)。 もし、7月29日以降の関東以外でレッスンをご希望される方がいらっしゃいましたら、お早めにご連絡いただけたら、可能になります(JRパスの都合上)。
 日本での滞在は8月5日までですが、多分レッスンは、8月2日あたりまでになると思います。

 
 私は、21歳の時に、ロシア人師匠より、ピアノの手ほどきを受けました。
 よほど、ロシアで生まれ育ったのでなければ、手ほどきからロシアの教育を受けた、数少ない日本人だと思います。

 叩く、わめくわけではない、芯のあるしっかりとした音の打鍵。
 手首の使い方、腕の使い方などを通して、音自体が変わってきます。

 フレーズのこと、音楽の持って行き方(方向)など、楽譜の読み方(音を読む、ということではなく)もお伝えできます。
 これも、フレーズを考えて実行するだけで、音楽がずいぶん変わります。

 打鍵、音の質をかえることは、時間がかかりますし、すぐに効果が見えてくることではありません。
 ですが、今年1月に、全く初めて私のレッスンを受けた方でも、1時間のレッスンで打鍵法を掴みかけることはできました。
 
 ちょっと腕の使い方を変えるだけで、今まで何度練習しても弾けなかった部分、エチュードが弾けるようになった方もいらっしゃいます。
 私は超絶技巧の持ち主ではありません。 

 と同時に、ロマン派を演奏する上で必要不可欠な、自然な歌い方(音楽の流れ)も、私の指導の長所であると思います。


 そして、英国の音大へ進学を希望していらしゃる方、など、英語での楽典指導なども行います。
 アメリカですと、イギリスとは音楽用語など違うこともいくつかあるので、難しい部分があります。
 


 
 もし、ご興味がおありになれば、ご連絡下さい。
 関東では、私の実家は埼玉県、西武新宿線沿線です。
 が、我が家は、アップライトピアノがリビングルームにおいてある状態ですので、出張レッスンも致します(特に、土、日は我が家でのレッスンは不可能です)。

 上記したとおり、関東以外でも、今回は可能です。
 連絡先は、katomiuk●yahoo.co.jp(お手数ですが、●を@に変えて下さい)です。

 よろしくお願い致します。
 
 

Posted on 2013/06/29 Sat. 21:24 [edit]

category: 日本

TB: 0    CM: 0

29

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2085-656a4116
Use trackback on this entry.

Trackback
list