05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

生徒たち 

 昨日とは打って変わって、今日は青空、暑い、とはいきませんが、日中はセーターでちょっと暑いかな、という気候でした。

 実技、楽典のグレード試験が迫ってきて、皆さん必死です。
 どうするのかしら?と思っていた生徒が、今週は一気に弾けるようになっていたり、だれていたり、みなそれぞれです。

 私の生徒たちは、スケール、アルペジオ(低グレードでは、ブロークン・コード)、バーナム、初見、曲3曲、というのが基本的な練習内容。
 スケール・アルペジオは、上の方になると、Dominant 7th、Diminished 7thが加わるので、量が多いです。

 よって、今まで日本から来た生徒以外には、日本でポピュラーなツェルニーの教材はほとんど使ったことがありませんでした。

 導入からの徹底的なスケール指導、バーナムの正しく効率的な使い方によって、大抵のテクニックは取得できるからです。
 もちろん、専門に進むのであれば、ツェルニーは必要ですが、そうでなければ、ツェルニーでピアノが嫌いになるよりも、他でその分を補った方が良い、という考えもあります。

 こういっては何ですが、今までみてきた、日本からの生徒たちが、皆揃って、ハノン、バーナム、ツェルニーをやっているのに、全くといってよいほど、テクニックがついていないのを目の当たりにしてきて、私の反感がある、ということも無いわけではありません。

  
 今年は、私が導入から教えている生徒たちは、フェスティヴァルでも、テクニック、音の出し方、指のしっかりした部分、かなり評価されてきました。

 
 今回、バーナムの4冊目が終わり、あと1冊残っていますが、その必要がそれほどあるように思えなかったので、初めて私の導入から教える生徒にツェルニーを使ってみることにしました。
 何を使うのか迷ったのですが、結局のところ、30番を使うのをやめて、160の8小節の練習曲、というのを使ってみることに。
 今まであまりなかった、速度、瞬発力、8小節の中で、パターンを見つける。
 これが目標です。

 1週目にゆっくり、強い指で、アーティキュレイションを正しく譜読みし、2週目でテンポを一気に上げる。
 とりあえずはこの方法でやってみようかと。

 以前から書いていますが、私は、スケールもアルペジオも楽譜を使わせません。
 いくつかの規則を教えれば、あっという間に弾けるようになります。
 今週は、6歳の生徒が、ブロークンコードの基礎練習で、今までやったのを元に、自分で違う調のブロークンコードの基礎を弾けるようになったらしく、弾いて見せてくれました。
 スケールも徹底的にやっておけば、3度空いたスケール(例えば、ハ長調だったら、左手がドから、右手がドから三度上のミから始める)も、一回で弾けるようになります。

 大学生になってスケールを勉強して、凄く苦労した私には、信じられないことです。
 教えながら、自分が試験で弾く必要があった時よりも、よっぽど今の方が理解して、正しくスケールを弾けると思います。

 
 と同時に、年齢が10歳を越えてからスケールを始めた子は苦労することが多いように思います。
 そのうちの一人、今まで何度言っても、指使いは適当。 間違っていても間違いに気が付かない、注意しても無視、という生徒がいました。
 私は口うるさいので、毎週毎週しつこく治していたら、3年以上かかって、やっと自分の間違いに自分で気が付いて、正しい指使いで弾かなくてはいけない、という意識が出てきたようです。
 石の上にも三年。

 絶対に諦めない。
 諦めなかったら、3年経ったらできる子供もいるのです。
 
 それにしても、私は非常に勝手ですが、3、4年前の今頃まで、私にFlirtばかりしていた生徒は、すっかり頼もしくなってしまい、9歳になったばかりで、日本の音大受験並みの楽典を理解し、バッハのインヴェンションをスラスラ譜読みして、アーティキュレイションも理解し、ヒナステラのアルゼンチン舞曲を弾くのを聴くと、なんだかさびしい。
 いや、あの時は、本当に大変だったので、今のように手がかからず、ピアノが上手になるのは嬉しい。
 私に、
「みゆきなんか、にんじんになってしまえ! そうしたら、ママにぶった切りにしてもらって、茹でて、ピアノなんか教えられなくしてしまうんだ!」
 と言ったりしてかわいらしかったのに、一丁前になってしまって・・・・

 あの時、手に負えなくて、何度も何度も母に電話をした(母は全く音楽関係ではありませんが、子育ての先輩ですからね・・・)のですが、今となっては笑い話です。
 
 今日は、長丁場のレッスン日。
 調子に乗って、レッスン中、弾きすぎました。
 自分の夜の練習は無しです・・・
 でも、今まで弾いてあげられなかった分、弾いて見せてあげられることがどれだけ幸せなことか。
 
 

Posted on 2013/05/25 Sat. 21:57 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

25

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2075-3394c4af
Use trackback on this entry.

Trackback
list