09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

イギリスの中学入試、音楽枠 

 早いもので、再来週は、ハーフタームホリデー。
 そして、それ以上になんだか焦るような気持ちになるのが、中学受験です。
 以前にも書いたことがありますが、イギリスでは、私立はもちろんのこと、公立の選抜校(グラマースクールなど)は、入学試験があります。

 入学試験は、基本的に、ノン・バーバルという、いわゆる、IQテストのようなもの、それから、英語と数学です。
 イギリスらしいのが、公立のいくつかの学校では、勉強枠とは別に音楽枠があります。
 別に、音大を目指すというわけではなくても、この音楽枠での受験が可能です。

 現在は、Musical Aptitudeテスト、というものを行うところが結構あるようです。
 これは、50-60問程度の聴音(音の高低、短いメロディーを2度聴いて、それが同じかかわったか、などという基本的なもの)を行って、その結果により、演奏に呼ばれ、演奏で決まる(これは、グレードが上のほうが良い場合もありますが、上級グレードで、余裕がないよりも、下の方で余裕がある演奏が好まれる、という話(建前かもしれませんが))。
 
 私立の場合は、学力試験の後に、学力がパスしていれば、ミュージック・スカラシップ、と言って、奨学金枠があります。
 これは、演奏、そして聴音(場合によっては初見)で決まります。
 イギリスでは、2つの楽器を行う子供が多く、その方が有利。 もしくは、マイナーな楽器(バスーン、フレンチ・ホルンなど)だと有利。 大抵は、グレード5以上にdistinction(最優秀)で合格していることがオーディションに呼ばれる条件になってきます。
 
 聴音で点数に差がつきやすい、と感じた(気づいた)ご父兄から頼まれて、聴音の集中レッスンをしたこともあります。 一人目が、もちろん楽器がうまかったのが一番ですが、かなりの額の奨学金を頂いた為、続けて3年はこのレッスンをしていたこともありますが、しばらく途絶えていました。

 2014年9月に中学生になる生徒たちは、早いところで今年の6月末から入試が始まります。
 よって、学校の説明会も行われ、ボチボチ久々に入試の為の聴音レッスンがスタートです。

 過去問はありませんので、説明会でご両親が頂いてきた資料、過去の生徒たちからのクチコミが全てです。

 日本の私立に比べ、イギリスの私立の授業料はかなり高額なので、皆さん頑張るようです。
 そして、オーケストラの楽器をやっていれば、オケに参加できたり、ピアノでも室内楽をやらせてもらえたり、貴重な経験がたくさんできるようです。
 もちろん、お勉強も大変ですが。

 

Posted on 2013/05/16 Thu. 22:29 [edit]

category: イギリス事情

TB: 0    CM: 0

16

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2066-f818233c
Use trackback on this entry.

Trackback
list