09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

実は・・・ 

気温は低いものの、青空が広がっています。

 先週ずっとブログをかけなくていたのには、一つ理由がありました。
 カミングアウトしないことも考えたのですが、4月、5月演奏をお休みしますし、少し希望が見えてきたので、書いておきます。
 驚かないで下さい。 私は、ポジティブにしています。 皆さんを心配させてしまうのが一番心苦しいですので。



130326


 これ、現在の私の左腕です。
 3月22日、グレード試験の伴奏のお仕事へ行く途中、なんてことはない、普通の歩道で転びました。
 イギリスにいらしたことがある方はわかると思いますが、歩道の50cm四方くらいのコンクリートが壊れていて、そこに躓いて、気づいた時には、歩道に突っ伏していました。

 最初は、強烈な膝の痛み(タイツが破れ、膝付近に2箇所の大きな擦り傷)、そして、右手のひらが直径1.5cmくらいに血が出てしまっていました。 手を見て唖然。
 ご婦人二人が身体を起こしてくださって、ティッシュを下さいました。すぐそばのスーパーで消毒液などを買って、とりあえず、大丈夫、と思っていました。

 バスに乗ったら、左手がおかしくなってくる。恐怖です。 必死で、指だけ動かしていました。
 試験会場の隣が、私の母校だった為、お手洗いの場所もわかるから、と思って、タイツを履き替えよう、と思ったら、左手に力が入らなくて、タイツを下げることすらできませんでした。

試験の前に5分ほどリハーサルができたのですが、その際にピアノに触れたら、左の指はぶら下がっている感じ。 とにかく、取れるところは右で音をとりながら、試験では弾きました。
 その後、激痛。

 結果として、3月25日に専門医に診て頂き、左手の親指下の骨がずれた上に、骨折。 手首付近も骨折。 という診断を頂きました。
 麻酔を使う方法もあったようですが、副作用、その他も考慮し、麻酔をせずに、1分ほど泣き叫びながら、指を引っ張られたり、曲げられたりして、骨を元の場所に戻す。 そして、上の写真のようにギブスです。
 先生に、ギブスは何色が良いか聞かれたのですが、これからの恐怖(とても痛い、といわれた)、ピアノのこと、この時点での痛みから、普通が良い、というのが精一杯。 先生が、私には紫を選んでくださいました・・・


 通常、肘下までギブスをするそうですが、私の場合、手が商売道具なので、それを考慮して下さって、確実性を増す為に、上腕の中ほどまで、ギブスです。
 よって、腕を骨折したのか、と間違えられることばかりです。

 とりあえず、6週間ギブス生活(4週間で外すことも多いようですが、私は確実にする為に6週間、といわれました)。 5月まで、演奏は残念ながらキャンセルです。 6月から復帰できそうです。
 7月の日本でのコンサート関係の方々、もしここをご覧になっていらしたら、大丈夫ですので。

 左手の為に書かれた良い曲はあるので、一筋の希望を持って、右手だけでコンサートをすることも考えました、。 しかし、良い曲がみつからず、今回は断念。

 
 ギブスをしてから、1週間ちょっと経ち、ずいぶん指にも力が入るようになってきました、
 
 もちろん、最初は落ち込みました。 ですが、ネガティブにしていても仕方がありません。
 教えには行っていますし、不自由ですが、いつも通り生活しています。
 最初は、着替えも大変、何もかも大変でしたが、ずいぶんと効率よく色々なことができるようになってきました。
 そして、イギリス人の見知らぬ方々のたくさんの優しさに感謝するばかりです。

 

 手のレントゲンをとったのは、初めて。 お医者さんが色々と怪我について詳しく御説明下さいましたが、その際、確認のために、指まで画面を動かし、私の目は、初めて見る自分の指の骨に興味津々。 もうちょっと見ていたかったです。 薬指の細さ、他の指の骨の太さ。 ピアノを弾く上で、具体的に自分の骨がわかって、良かったです。

 
 ロイヤル・バレエのダンサーたちの怪我のお話を、今までたくさん聞いてきました。 酷い骨折をしても、今元気に舞台で踊っていらっしゃるダンサーのことを観ながら、私も大丈夫、と元気を頂いています。
 
 もし、ご心配をおかけしてしまったら、ごめんなさい。
 しばらく、ピアノの話題はなくなるはず。
 ショックと、右手のひらの傷がよくなったので、ぼちぼち、右手だけ練習再開です。
 後4週間半、じっくりと怪我を治します。
 皆さんもお気をつけてください。

Posted on 2013/04/03 Wed. 23:02 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

03

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2035-211a942f
Use trackback on this entry.

Trackback
list