09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

久々のあわせ 

 今は、ソロばっかり弾いていますが、学生時代には、実に多くの伴奏、室内楽をしてきて、本当は合わせが大好きです。
 ただ、デュオなどをやる場合は、相性があるので、なかなかできません。

 そういった中、グレード試験での伴奏(チェロやヴァイオリン)のお声をかけて頂くのは嬉しいことです。
 最後に試験伴奏をしたのは、一昨年セイシェルで大量にやった時。

 先日、久々に大学院時代の友達(と言っても、彼女は当時、学部生)から連絡を頂いて、今日は彼女の生徒さんの試験の伴奏。 一昨日、ケンブリッジから急いで帰ってきたのは、このリハーサルの為でした。


 小学生の伴奏は、たまに大変な時もありますが、今回はきちんとできていたので、とてもあわせやすかったのです。 初見で全く問題が無く弾ける譜面ですが、それでもあわせは楽しい。
もちろん、責任も重大です。 プロ、音大生と弾く時にはありえないようなことも起こりますから。
 特に弦楽器の子供の伴奏は、何年も前に、モスクワのマリーナ先生から指導を受け、しごかれたので、それが役立ちます。

 自分の生徒の試験の時には、会場に入れませんが、伴奏をしにいくと、色々な会場のピアノの状態、試験官の様子もわかるので、助かります。

 
 思えば、音楽の道に足を突っ込んで、まだ右も左もわからなかった頃、マンチェスター時代には、多くの今考えると、血の気が引くような経験をさせて頂きました。
 フィルハーモニアのオーディションの伴奏とか、2000人の聴衆の前でのデュオとか。 知らないって、強いのか、恐ろしいのか。

今回、声をかけてくれて、ありがとう!

Posted on 2013/03/22 Fri. 23:04 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

22

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2030-a8344b3f
Use trackback on this entry.

Trackback
list