07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

気分颯爽な曲? 

ケント地方で、雪が酷いようですね。 ユーロスターも運休になったようですし。

 土曜日の夜、オペラを観に行きたかったのですが、チケットが手に入らなくて、諦めて、家でなんとなく、『のだめ』鑑賞。 何度観て、何度泣いたかわかりません。 これを見ると、大学生時代のことがたくさん思い出され、頑張ろう!と思えるのです。

 そして、ふと思いたって、夜中ですが、本棚から、リストのメフィストとプロコのソナタの楽譜を取り出して、電子ピアノに向かいました。
 
 メフィストは最後に弾いたのは、6年前。 プロコは、第1楽章はちょっといじったりもしましたが、5年半振り。 どちらも、4年前の指の靭帯損傷のあと、とてもではありませんが、弾ける曲ではありませんでした。
 よいうよりも、天邪鬼の私は、皆が弾くような曲は弾かなくてもいい、と思っていた部分もあります。
 こういうテクニック的な曲は、何も私が弾かなくても、若い才能ある人たちが弾けばよい、弾くものだ、と自分を納得させていました。
 私がこれらを勉強したのは、師匠Dr.Sが私のテクニックをつける為には、必要、と思ったから。 だから、リストなんて、エチュード『英雄』をちょっとしか弾いたことが無いのに、メフィストをいきなり与えてきたので。

 先日、ある人と、バレエの『マイヤリング』の話になって、娼婦、ミッツィ・カスパーの話題をしていたので、そこで使われる、『メフィストワルツ』がこのところ頭に浮かんでいたこともあります。

 楽譜を広げて、ゆっくり目のテンポで弾き始めると、結構弾ける。
 もちろん、大きな跳躍などは、決まりませんが、久々に気分爽快。
 
 そして、プロコは、苦手な第4楽章を。 これも、最後に弾いた時よりも、もちろんすんなりは弾けませんが、テクニック的にずっと楽。 以前の苦しみがありませんでした。

 
 こういう曲を弾かない数年があって、昨年の2月に、リストのソナタ(後半)と、ストラヴィンスキーの春祭の一部を勉強して、やはり、テクニックがついたようです。 30歳を過ぎてから、いきなりテクニックがつきました。 ついた、と言っても、元が元なので・・・

 ピアノの世界では、テクニックが付くのは、10代のうち、と言われています。
 21歳になってから基礎を始めた私は、その時期をとっくに過ぎていました。
 とにかく、大学生の時には、師匠の考えで、順番なんて関係無しに、難しい曲を与えられました。 なんとなく弾くのではなくて、徹底的に弾かされました。 あの時は、本当にできなくて(当たり前)、辛いこともありましたが、今考えると、あれがなかったら、今の私はいません。

 先週から譜読みを始めた、ラヴェルのラ・ヴァルスは、やはり超絶。 ですが、これを頑張ったら、また一つ壁を越えられるかな、と思います。 大好きな曲なので、頑張れそうですし。

  プロコの6番、わけあって、解凍しなくてはいけないので、あの第4楽章がどうにかなりそうなので、ほっとしました。
 そして、この曲は、大学生時代に、数人の先生方のマスタークラスを受けているので、色々と思い出すこともあり。 なかでも、第3楽章をボリス・ベルマン教授に見ていただいた時には、ワルツを踊らさせられたのでしたっけ。 

 どうにか、テクニックが身に付いてきた今、大学生をやり直したいです。
 20歳に戻って、みんなと同じ土俵に立って、コンクールなども挑戦し、レパートリーを増やしていきたかった、と思ってなりません。
 大学生時代、悔いの無いくらい勉強しましたが、短期間でどうにもならなかったこともあるので。

 と思った矢先、右手中指の先が腫れてしまい、弾けません・・・ あと数日で、膿が出ると思いますが、それまでは、痛いまま。 自分で切ろうか、と思って薬局へ行ったのですが、とめられました。 こういう時には、日本にいて、すぐに病院へ行って処置していただける環境がうらやましいです。


 ノクターン、マズルカ、その繊細さが何度弾いても興味を失いませんが、たまには、こうして、気持ちがよくなる曲を弾くのも悪くはありません。 まあ、練習しないと、まだまだ暗譜が戻りませんが。
 

Posted on 2013/03/12 Tue. 23:38 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

12

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2026-759af58a
Use trackback on this entry.

Trackback
list