09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

オペラハウスの隣人色々 

約2週間のお休みの後、やっと、ロイヤルバレエの今シーズン後半の舞台がスタートしました。
お休みの直前に初日を迎えた、ミックス・ビルで幕開け。
 やはり、オペラハウスへ戻るとホッとします。

 昨日は一部の方々とお顔をあわせましたが、休憩時間には、舞台の意見を言い合ったり、はたまた?今日は珍しく、他の珍行動があるお客さんのことを話したり・・・

 前回は、わーっというもの珍しさだけで終わってしまった、ラトマンスキーの新作、『24のプレリュード』ももう少し厳しい目で観てみたり。
 ショパンの24のプレリュードを、ジャン・フランセがオーケストラ編曲したものを用いた、男女各4人に振付けられた作品。
 この作品のことは置いておいて、オペラハウスでの、人との出会いのことを。
 ここは、社交場です。
 
 私は、2週間前、このミックスの初日、どうしてもいつもの場所が取れなくて、友達の友達から、いつもより若干高めの、アンフィシアターの席を当日になって譲ってもらいました。
 
 いつものごとく、開演直前に席に着いた(下で、友達とぎりぎりまでおしゃべりをしているので・・・)のですが、暗くなるまでプログラムを読もう、と思って膝の上においたところ、隣に座っていらしたご婦人に「見せてほしい」というジェスチャーをされたので、「どうぞ」と言って渡したら、「スパシーバ」。
 ロシア人なんだ、と思って、返してくださる時に、「スパシーバ」といわれたので、「パジャルスタ」と返答。
 そうしたら、ロシア語攻撃です・・・・
 
 「ロシア語喋れるの?」
 「ちょっとだけです。 凄く下手ですし。 英語にしていただけますか?」←この言葉を言うのは、とっても得意。
 「どうして? あなたはロシアに住んだの? 私は英語が全くわからないのよ」
 「いいえ。 私の先生がロシア人で、ロシア人の友達もいるから、興味があって」
 「あら、上手に喋るじゃない。」
 ここから、ずっとロシア語攻撃。 私のロシア語は超初級(10年間・・・)。 英語にして頂こう、と思ったら、全く英語が喋れない方で、私のたどたどしいロシア語しか方法がありません。
 もう、頭の引き出しをひっくり返して、本を開きまくって、がんばりました・・・
 情けないのは、彼女の言っていることは全て聞き取れるのに、残念ながら勉強不足なので、単語がわからない。

 サマーコースで、ロシア人のいつもお世話になっている先生方と、挨拶はロシア語でするのですが、次の瞬間、「英語でお願いします」 と言うのが私の常。
 ですが、火事場の馬鹿力で、このときばかりはどうにかしました。
 
 離れた席にお嬢さんが座っていて、休憩時間におしゃべり。 彼女は英語もしゃべれたので、もちろん、即英語に切り替え。 お母様から、「お願いだから、ロシア語で話して」と言われましたが、私の語学力が問題ありでして・・・

 それまでのお母様との会話を確認してもらったら、お互いに奇跡的に正しく理解していました。

 このお嬢さん、といっても私と同じくらいの年齢なのですが、私が興味あることを勉強なさっていました。
 しかも、分野は違えど、私の師匠Dr.Sと同じ学校で!

 その後の休憩時間は、私にしては珍しく、ずっと座席でおしゃべり。 同じことに興味があって、彼女の卒論と私の修論は、同じようなことが題材。
 ロシアのバレエ事情も伺えて、大満足でした。
 お母様からは、「モスクワに遊びにいらっしゃい。 大歓迎よ」とおっしゃって頂いて、ずっと保留にしてあるモスクワ訪問の楽しみがまた一つ増えました。

  こういうことがあると、さぼってばかりの語学をちょっと頑張ろう、と思います。
 何しろ、過去形と現在形の区別さえ忘れていて、途中で話が通じなかったほどですし。

 
 その翌日には、隣に立っていた男性から、2度目の休憩の後、いきなり、
「おまえが俺をイライラさせる」
 と一方的に言われました。
「何が? 私が何かしたのなら、その理由をおっしゃって下さい」
「お前には何も言うことはない。 でも、お前は俺をイライラさせる」
 の一点張り。
 
 こちらも嫌な気分。
 同じ会場にいても、とっても良い思いをする時もあれば、嫌な思いをするときも。 色々です。

 
  今日、お友達数人としゃべっていたら、皆さん、隣になりたくないと思う人たちがいるようです。
 話を聞いていて、びっくりするような行動をする方もいらっしゃるようですし。

 とにかく、心が充実した夜でした。 
 新作2つの考えがまとまらず、まだまだ頭で舞台を観ているので、異常な疲れ、久々の偏頭痛、というおまけ付きでしたが。 別に、考えなくても良いことを、勝手に考えている、という困った人です。

 

Posted on 2013/03/07 Thu. 23:30 [edit]

category: オペラハウスの楽しみ方

TB: 0    CM: 0

07

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2022-cda6e6df
Use trackback on this entry.

Trackback
list