07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

気持ちの良い週の始まりのレッスン 

 日中はずいぶんと過ごしやすい気候でした。 もちろん、夕方になると一気に気温が下がりますが。

 生徒たちの教えで、嬉しいことが続いた週の始まりでした。
 
 クリスマス頃から、レッスンを始めた幼稚園年長の生徒。 レッスン開始直後に私が2、3週間抜けましたが(レッスンを始める時点で、これはお話してありました)、その間もしっかりと練習ができていました。
 私は基本的に、ご父兄には、練習をしなさい、という声をかけては頂きますが、隣に座って手伝っていただくことは原則禁止です。 もちろん、私のレッスンを毎回見学した上で、練習ができているのか、隣で確認するのは、大歓迎なのですが、レッスンを見ないで、違う方法で子供たちに助言をしてしまうと、譜が読めなくなるし、自分で注意をしよう、という意識が働かなくなるので、自粛して頂いています。
 
 こうなった背景には、お母様が忙しいから、子供が練習できなかった、という方が多いことから、このようにしました。 お母さんがお夕食の支度をしている時に、導入の時から、毎日5~10分練習、というようにしてあります。
 その代わり、私は、練習してほしい内容を、時には非常に細かくノートに子供たちがわかる言葉で書いています。 
 練習の内容が酷い時もありますが、おかげさまで、現在は、練習をしなくて頭を悩まされることは全くありません。 内容が悪くて、私に怒られる子供は時たまいますが・・・ 専門を目指している子達ではありません。 本当に趣味で習っている子供たちです(グレードは受けなくてはいけませんが)。

 さて、話を戻して、年長の生徒。 とってもおとなしい子ですが、しっかりと、私が書いたノートを見ながら約束事を守りながら、気をつけながら練習ができているようです。
 今日のレッスンで基礎の指作りがひとまず終了。 スケールに入りました。 
 そして、教本を進めるうちに、宿題だった曲の次の次の曲、「アルプスいちまんじゃく」だったのですが、「やってある」とのこと。 弾かせてみたら、リズムも、音符も全てあっていました。 習っていない音も入っていたのですが、ドレミファ、と数えて読めたそうです。 私はフレーズ命、なので、それを新たに書き込んで、今週の宿題。

 幼稚園の子供でも、自分で楽譜を読む力をつければ、しっかりと読んで、自分で弾けるようになります。
 とってもとっても嬉しい瞬間でした。 もちろん全ての子が、というわけではありませんが、子供でも、やはりきちんと、最初から、簡単なうちに楽譜を読む力をつける。 とっても大切なことのように思います。

 私は基礎に時間をかける方なので、よく親御さんから、「いつになったら、グレードを受けられるのか? 他の友達は、習って1年で受けているのに、うちは1年半経っても受けさせてもらえない」
 と言われます。
 そうです。 でも、最初に徹底的に、やっておけば、あっという間に飛び級で進めます。
 子供たちを見ていると、すぐにグレード、という目標が無くても、指が移動した、教本が1冊終わった、新しいことを習った、ということで、モチベーションがあるように思うのですが。

 
 夜のレッスンでも、今まで1年間、とにかく、できないところを繰り返しするのが嫌だ、という子、先週のレッスンで、5分間、できないところを徹底的に意味のある繰り返し、パーツわけで弾けるようにする、ということをやったら、本人もやっとわかったようです。 今日は、ニコニコしながら、「あーまちがった!」と言いながら、繰り返していました。
 繰り返しは大変(お母様にも、言われましたし・・・)、でも、これが結局は近道なのです。
 わかってもらえて、嬉しい。 これがわかったら、一気に上達すると思うので。

 
 私も頑張らねばなりません! 1月に東京で、菊地裕介さんのリサイタルを聴いてから、フランスものを勉強したい病になりました。 あのリサイタルでの白眉であった、ラヴェルの「水の戯れ」を、と思っていましたが、あまりにも私にかけ離れていて。 大好きな曲なのですけれどね。
 それで、同じくラヴェルの「ラ・ヴァルス」をやっぱりやりたいな、と。 ロイヤルバレエで、「ラ・ヴァルス」を堪能した後ですし。 Youtubeでピアノソロ版を色々と聴いて、好みの演奏にも出会いました。やはり、ロシア人の演奏が私にはしっくり来るな、と。 昨年は、師匠ご夫妻がこの曲の連弾版を演奏なさったのを聴きましたし。
 
とりあえず、再来週のコンサートに向けて、まずは、ベートーヴェンの解凍です。

 

Posted on 2013/03/04 Mon. 21:17 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

04

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2020-eaa4c71d
Use trackback on this entry.

Trackback
list