09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

スケール、アルペジオ指導の大切さ 

 私のピアノのレッスンでは、スケール、アルペジオ(最初はブロークン・コード)が必須。
 グレード試験で必要だから、という理由もありますが、これが一番基本なので。

 最初の2ヶ月ほど、指作りの訓練をしたら、即スケールに入ります。
 教本では、まだまだ両手の4、5本の指をやっと動かす、という状態です。
 この状態でスケールをやると、指をくぐらせたり、移動したりが子供たちにとってとっても新鮮で、なおかつ凄く上手になったように感じるらしく、ニコニコしながら、スケールを弾き、毎週新しいものを与え、時には、2つさせて!という子も。
 
 片手ずつ1オクターブができたら、2オクターブ。 2オクターブ弾いてみることすら、子供にとっては嬉しいこと。 今日も、ニヤニヤしながら、嬉しそうに新しい2オクターブを弾いていた子がいました。
 
 反対に、初めてスケール、アルペジオを習うのが小学生3、4年生以降になると、スケール、アルペジオの指導は困難になってきます。
 覚えるのが大変、面倒。
 それでも、1年半かけて、しつこく指使いを直していると、いきなり、間違いにも気が付くようになり、きちんとルールを覚えよう、という頭が働き、新しいスケールも今までだったら、1ヶ月以上かけてやっと弾けるようになっていたのが、1週間、いや、そのレッスンで弾けるようになってきました。
 お互いに根気が必要ですが。
 ちなみに、私はグレード幹部から怒られそうですが、生徒たちにスケール、アルペジオの楽譜を買わせていません。
 楽譜があると、それに頼って、きちんとルールから指使いを覚えられない、という理由です。
 楽譜無しで覚えた子供たちは、3度空けてのスケール(日本語でなんというのでしょうね?)、アルペジオの第1、第2展開がすんなりとできます。
 私自身、大学生になってスケールを弾き、とっても苦労しました。
 スケール以外にやらなければならぬことが多すぎて、1、2年生の時のテクニック試験のスケール、アルペジオは、毎回冷や汗ものでした。
 正直、教えるようになってスケールのルールを考え、自分なりにシステムを作ったので、今の方がスケール、アルペジオの規則をずっと理解しています。
 

 イギリスのグレード制度のこともあり、日本で言えば、ブルグミュラー程度(タランテラ、貴婦人の乗馬あたり)で、スケール、アルペジオの全調が弾けています。 3オクターブ、両手です。
 
 ちなみに、スケール、アルペジオ+バーナムで、ほぼテクニック作りをしてしまいます。 本当はやらせたいけれど、時間的にも無理なので、ツェルニーはやっていません。 それでも、早いうちから基礎訓練をしているおかげで、結構指が回るようです。

 あと1ヶ月で、再びグレード試験。 そして、フェスティヴァルも行われます。
 曲が出来上がっていない子がちらほらいるので、ちょっとこわごわですが、とりあえず、スケールはどうにかなっているので。 ただ、皆さん、2回目では完璧に弾けるのに、1度目は弾き直す。 これは、減点なので、口うるさく、1度目で弾けるように、考えてから弾くように言っていますが、何人が本当にわかっているのやら・・・
 
 

Posted on 2013/02/14 Thu. 22:35 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

14

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2011-e31bd174
Use trackback on this entry.

Trackback
list