05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

イナバウアー・スノーマンとオペラハウス 

130124


メインの通りには雪はほとんどありませんが、歩道には、まだまだ雪が残ったままで、慎重に歩いているので、教えに行く時は普段よりもずっと時間がかかります。 
 元々このような形なのか、それとも、徐々に反ってしまったのか、イナバウアー・スノーマンと名づけたくなった雪だるま、いや、スノーマン。
 教えの移動中に見つけました。

 今夜は直前にリターン・チケットを求めることができて、オペラハウスのクロア・ストゥディオにて、再びリハーサル鑑賞。 アシュトン振付の『ラ・ヴァルス』!! 振付も、音楽も、衣装も、舞台装置も全部好きです。
 しかも、今回は、クリストファー・カーの指導! 彼の指導は、とにかく私好み。 テンポよく、指示が的確で、容赦なし。
  
 音楽の取り方、身体の位置、向きなど、舞台を観る上で、自分の考えが間違っていないかの私自身の修正、確認にもなりますし、貴重な時間です。

 
 始まる前、オペラハウスのクロークにコートを預けよう、と並んでいたら、見覚えある顔が。
 私の師匠、Dr.Sご夫妻と長男でした。 彼らはもちろんバレエではなくて、オペラを観にいらしたのですが(メインの入り口は、一緒)。
 やはりご縁があるようです。

 オペラハウスは大きいので、同じ日に同じ演目を観ていても、知っている方にお会いしないことも多いのです(私が休憩時間にいる場所はほぼ毎回同じですし)。

 明日は、2年半振りの夜のフル・リサイタル。 決して余裕があるわけではないのですが・・・
 
 
 
 

Posted on 2013/01/24 Thu. 23:44 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

24

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1999-0132a5e3
Use trackback on this entry.

Trackback
list