06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

生徒のミルフィーユ 

 雪はやんだものの、昨日の雪が積もったまま。
 

130119-1


 今回、1週間のうちに、日本の雪とイギリスの雪を経験しましたが、日本がすごいな、と思ったのは、雪かきをすること。
 私の実家の町内も、雪かきをしてあるお宅とそうでないお宅がありましたが、つい、「○○さんのところは、さすがにきれいに雪かきがしてあった。 でも、××さんのところは、全然」 という田舎ならではの会話がありましたが。

 ただ、ヨーロッパの粉雪は、日本の雪に比べて、滑りにくいようにも思いました。

 教会に、枝に積もった雪、レンガ造りの家。 
 寒いけれど、美しい雪景色です。

130119-2


 さて、ここに度々登場する、15歳の生徒(男)が作ってくれた、ミルフィーユです。
 以前、高さが15cmほどはありそうなミルフィーユを作ってくれたことがありますが、今回は、ずいぶんと洗練されていました。
 
 ぜひ写真を撮って、ブログに載せてほしい(当然ながら、彼は日本語は読めませんし、このブログは見たことがないのに、載せてほしいらしいです)、というので。
 ここのお宅は、広いお庭があるのですが、キツネの足跡もありました。

 お味の方も、以前よりも、ずいぶんと洗練されてきました。
 来年は、家族で日本旅行を計画するらしいので、私がいたら、ぜひぜひ、東京のデパ地下に連れて行こうと思います。 あの日本の素晴らしいケーキを見せてあげたくて仕方がありません。

 というわけで、疲れていた今日、エネルギー源をもらいました!

 そして、夜は、オペラハウスで、『オネーギン』の初日を鑑賞。
 久々のオペラハウス、ここへ来ると、嫌なことを全て忘れられます。

Posted on 2013/01/19 Sat. 23:49 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

19

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1996-4a2898bd
Use trackback on this entry.

Trackback
list