05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

帰国しました 

日本の実家を出発して29時間後、ロンドンの自宅に無事帰りました。
 
 パリまでのエールフランスは満席。 
 日本発で珍しいことに、私が座っていたエコノミーの後ろ半分はほぼ9割以上非日本人。
 ハイビスカスの花のマークがついた手荷物タグをつけた方が多かったので伺ってみたら、ニューカレドニアからの乗り継ぎの方が多かったようです。

 昨年の夏の往復、今回の日本までのフライト、ほぼ満席にもかかわらず、隣の席が空いている状態でのフライトでした。 今回は久々にお隣さんがいる状態。
 それでも、疲れていたので、パリまではぐっすり。
 
 
 今回、日本でチェックインをした際、パリの到着が現地時刻で夜中2時半の為、休憩場所を用意してあります、という案内を頂きました。
 エアフランスの夜便は何度か使っていますが、こういう案内は初めて。 もしかしたら、今までは夏にしか乗っていなかったので、冬時間だと到着時刻も早まるから、ということかもしれません。
 案内では2箇所に分かれる(想像するに、シェンゲン条約に加入している国に乗り継ぐ人と、そうでない人)ようでしたが、実際は、全員同じ場所へ行くことに。
 
 イギリスは条約に加入していないので、日本から着いた便と同じターミナルでよいはずでした。
 シェンゲン条約に加入している国へ行く人は2Fターミナルへの移動。 ここで入国もします。

 私たちも、入国させられ、2Fまで結構歩き、荷物の検査もして、連れて行かれ、紙袋を渡されました。
 長くなるのですが、この後の移動で困る方もいると思うので、現在での参考に、ということで、書いておきます。

20130117-1


 2007年にエアフラを使った時には、日本へ行く飛行機はこのターミナルを使用。
 天井がガラスで、日中はとっても気持ちが良いターミナル。

20130117-2


 紙袋の中身はこんな感じ。
 休憩場所、というわけではなくて、ただ普通のゲートのところでこれを渡され、適当にここで食べなさい、ということらしい。
 だったら、わざわざターミナル移動しなくてもいいのに・・・
 途中でおかしい、と気がついて係員に伺ったのですが、私が乗り継ぐ予定のターミナルはまだ準備ができていない、だか何かで、ここまで連れてこられたのです。
 
 そのまま時間をつぶし、私の飛行機は7時半発、7時にボーディング開始だった為、余裕を見て、6時頃2EのゲートKというところへ行くことに。
 でも、Kへ行く表示は見当たらない。
 2EのターミナルのLとMへ行く人の為の出国審査場所はすぐにわかったので、そこのあたりにいた係員の方に伺ったらわからない、とのこと。
 とにかく、他の係員もつかまえて2、3人聞いたのですが、みな違う答え。

 やっとわかって、何の表示もないけれど、とりあえず、Kへの移動の仕方を教えて頂く。
 人気のない廊下を歩いていると、そのうち、Kへの矢印をやっと発見。
 それにしたがってずいぶん歩いたら、Kへの出国審査場所に辿り着きました。
 ですが、係員は誰もいませんし、もちろん、通り抜けもできません。

 私が想像するに、ターミナル2FからKへ乗り継ぐ人がいる飛行機が2Fに着かない限り、この出国審査場所は開かないと思うのです。

 仕方がないから、再び戻る。
 2EのM、Lの出国審査場所へ行き、入り口にいた係員の女性に事情を話す。
 彼女は、「Kの出国審査場所で、係員を待てばいいじゃない」というのですが、私は時間のこともあるので、そんな確証のないことはしたくない。
 CDG空港の見取り図がわかりませんが、同じ2Eのターミナルなのだから、LMとKは中で移動できないか、と伺ったのですが、できない、とのこと。
 しかも、この係員の方は、Kは新しいターミナルだから、よくわからないのよね、とのこと。
 新しい、といっても、昨年の夏に私がエアフランスを使った時には、既にKは存在しましたよ・・・

 解決策を伺い、とりあえず、出口、の表示に沿って、2Fから外にでる。
 そして、2EのKに入りなおす。

 誰もいない、2Fの荷物受け取り場を通り抜けて、外へ出て、無事2EのKの出国場所へ行くことができました。
 そして、すぐ横をみたら、2EのLMとKはモノレールのような列車で中の移動が可能・・・

 結局、パスポートには、フランスの出入国スタンプが押されました。
 既に永住権をとっているから良いですが、もしその前だったら、同日にフランスを出たり入ったりしていると、きちんと説明書をつけなくてはいけなかったりするので、面倒なことです。


20130117-3


 7時半定刻でロンドン行きのフライトのドアは閉まったのですが、滑走路が混んでいたようで、飛びたてたのは8時20分。 
 ちなみに、パリのCDG空港には雪がありましたし、途中、美しい雪に覆われた風景を見ながらのフライトでした。



20130117-4


 そして、ヒースローが近づくにつれ、素晴らしい日の出、眼下にはテムズ川がみえてきました。
 
 40分遅れでヒースロー空港に到着。
 この時間、ターミナル4の外国人用入国審査は空いていて、待ち時間無し。
 一昨年の3時間待ちが嘘のよう。

 荷物を取って、『申告なし』の部分を通って税関を出ようとしたら、呼び止められ、どこから来たのかきかれ、日本、と答えたら、そのまま通してもらえました。
 同じ便だった、他の東洋人の方は、荷物を空けさせられていました。
 ちなみに、何度もヒースローを使っていますが、税関で呼び止められたのは、初めてです。
 見ていると、東洋人、黒人、アジア人が今回は呼び止められていたようです(これも一種の人種差別?)。
 
 地下鉄が空くのを待って、生徒たちに連絡もあったりしたので、1時間ほど、空港で休憩。
 ピカデリーラインでキングス・クロスまで行って、チューブを降りて上に上がろうと歩いていたら、なんと、昨日ロンドンについた、母の知人とバッタリ。
 私も何度かお世話になったことがありますし、今回もロンドンのことでお調べしたこともあって、電話ではお話していました。
 お互いに、10秒違ったら、顔をあわせることはありませんでした。
 あまりの偶然に、私は、思わず、「○○さん!」と言ってしまったほどです。 こんにちわ、と挨拶もせずに。

 1時間45分ほどの休憩の後、しっかりと教えに行き、この母の知人にお届けするものがあったので、ホテルにより(ちょうど、通り道だったので)、帰宅。
 時差ぼけはありませんが、疲労です。

 ロンドンで空港からチューブに乗ったとたんに、日本へ行ったことは幻のような、遠い昔のことのような、不思議な感覚が生まれます。
 また戦いの日々へ戻ります。

Posted on 2013/01/17 Thu. 22:34 [edit]

category: 日本 2012年冬

TB: 0    CM: 0

17

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1993-a765ca27
Use trackback on this entry.

Trackback
list