05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

生徒のレッスンで思うこと 

 夕方4時半には真っ暗。 ですが、例年に比べて暖冬で、とりあえず助かっています。
 
 書きたいことは色々とあるのですが、日曜日に発表会を終え、火曜日は午後の早い時間まで頭は起きても、身体を起こすことはできませんでした。 ずっと夏休みから突っ走ってきた疲れが一気に出たようです。 
 日本から帰ってきてから、サマーコースで、一気にピアノ熱が高まり、コンクールまで受けることにして、走ってきました。 
 今回は私にとっては最多の、楽典(セオリー)3人、ピアノ実技6人の試験があり、セオリーは既に2週間前に試験でしたが、ピアノ実技は今週4人終了。 少々緩んでいるのでしょう。 次のコンサート(年内最後の予定)まで10日、ここでエンジンをかけなくてはいけません。 

 
 発表会を終え、試験を終え、生徒たちは、今のところ、皆さん高い希望と情熱をもっているようです。
 何しろ、発表会後でも、誰一人今週レッスンをお休みをする子はいませんでした。 試験があった日でも、しっかり夕方にはレッスン。 やる気がありますね!!

 そんな中、3年前の今頃は私を毎週悩ませ、私にFlirtし、どうにもならなかった男の子(現在8歳)は非常に頼もしく、発表会の時には他の子供たちの鏡となったようです。 過去苦労した私にとっては、あきれるほど嬉しいです。

 先日グレード5の試験だった為、このところ音楽史(聴音で、時代判定をしなくてはいけない)をやっていたのですが、それがすっかりおもしろいようです。
 今日は新しい曲をいくつか選んでいたのですが、私が弾くそばから、「これはバロック?」 とか、「今のって対位法だよね!!」なんていっておりました。 ちょっと前までは、「僕はピアノなんて大嫌いだ! このピアノを今この部屋からだせ!」と騒いでいたのに。

 何が感激かって、今日選曲したグレード6の1曲、バッハの2声のインヴェンション 第14番。
 彼は、すぐに対位法で書かれていることに気がつき、グレード5でもバッハを弾いた(パルティータ 第6番のAir)この子は、すぐにこれに決めました。
 インヴェンションの14番、弾きながらとっても懐かしい気持ちになったのですが、考えてみれば、これは私がマンチェスターの大学に入って最初に与えられた曲でした。
 音楽に進むことを決めてから、日本での1年間で、10ヶ月かけて駆け足で、とりあえずシンフォニアの15曲はやったのですが、先生にはできていないことを見抜かれ、与えられたのがこの14番でした。
 
 私が音大に入ってやったことを、私はこの8歳に教えるのだな、と複雑な思い。 そして、同時にこの子がここまで来た感激。

 正直、今の私のピアノ能力で、音大の学部に入りたかった、いや、今やっと学部に入る人たちと同じ土俵に立ったのだ、と思うのです。
 出発が遅かった私は、やっと回りに追いつきました。
 
 ということを、先日から母に電話で愚痴っていたら、さすがわが母、
「だいたい、あなたがマンチェスターの音大に受かったことは詐欺でしょ。 王立音楽大学の修士に受かったことはそれまでの努力だけれど」
 と言われました。

 詐欺なのですよね。 別に私が変なことをしたのではないのですが、師匠と1年間かけて勉強したブラームスの1曲のできがやたらと良かったが為に、あのマンチェスターの音大に受かってしまったのです。 まさか先生方はあそこまでできていないとは思わなかったでしょうね。 私なんて、入学して、同じ学年の人たちが、ラフマニノフのエチュードだの、ショパンのバラードだの、色々と最初のレッスンに持っていくのを見て、ショパンのエチュードさえ、弾けていない私は、みんな凄いな!と驚いたのですから。 当たり前ですが、私がおかしすぎ、すぐに主任の先生から呼び出しをくらいましたが。
 
 スケールにしたって、私は音大に入る時、全然弾けていませんでしたが、この8歳は、長調、和声的短音階、アルペジオ全調をスラスラと弾くのだから、驚きです。

 新しい要項のグレード7は迷うほど、良い曲ばかり(私好み、ともいう)。 
 選曲の為に、ヒナステラのアルゼンチン舞曲の第2番、 ショスタコーヴィチの3つの幻想的舞曲 の第3番を弾きながら、ショスタコは私が数年前に弾いたことがある曲だし、ヒナステラは、大好きでやりたいな、と思って譜読みだけはしたことがありました。 こういう曲を生徒が弾くのですから、テンションがあがります。 生徒も2曲とも良い曲で、かなり迷っていました。 ちなみに、もう1曲、シェーンベルクの6つの小品からの1曲が入っていましたが、私の演奏が非常に下手だったこともある(こういうの、とっても苦手)とは思いますが、5小節くらい弾いたところで、生徒に、「これは選ばない」と言って止められました。

 同業の友達と話していて思うのですが、やはり教える人の得意なもの、苦手なものが生徒にも影響されるのかもしれません。 友達の生徒が誰も選んだことがない曲が、私の生徒には大人気だったり、その逆も。

 本当は、みんなにバッハをやらせたい、と思いつつも、グレードの中身が多すぎて、なかなかインヴェンションなどやらせることができませんでした。 こうしてグレードの曲目に入っていると嬉しい。
 あまりコンサートのプログラムに含めませんが、私も本当はバッハが大好き。 そして、生徒も、バッハが好きな子が多いのです。
 
 というわけで、試験の結果が来るまで落ち着きませんが、今、みんながやる気になっているときに、一気に引き上げようと思っています。
 

Posted on 2012/11/23 Fri. 21:39 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

23

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1969-e89c3198
Use trackback on this entry.

Trackback
list