09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

今週末は発表会 

 素晴らしい青空が広がった今日でした。
 
 今度の日曜日(18日)に、生徒の発表会を行います。 10年ほど前、カーディフ時代に、当時の大学の小さなホールで、一度発表会を行っていますが、ロンドンに来てからは初めてになります。 既にロンドンで教えて6年が終わろうとしている時にやっと。 
 今までにも、何度かやろうと思っていたのですが、駐在員の方が多かったり、いれかわりが激しい私の生徒たち。 なかなか落ち着けず、そして私自身もごちゃごちゃ、場所を見つけるのも大変、ということで、ずっとできずにいました。
 今回、ようやく、小さな会ですが、開催できることを嬉しく思います。
 
 日本の先生方のように、凝ったことはできませんし、私の師匠ご夫妻と同じ考えで、今やっている曲をきれいに弾く、というスタンスのもと、特にステップアップするような楽譜は渡していません。 
 ほとんどがグレードの曲を弾きますし、導入の生徒たちには、今までやったものの中から好きな曲を1、2曲、というようにしました。

 とは言えども、なれない作業です。
 やっとプログラムの紙だけは買ってきたので、さっさと印刷をしなくてはいけません。
 
 先週から、お辞儀、2曲を弾いて、またお辞儀、ということをやってもらっていますが、子供によって差があります。 何にも考えずに弾き始めて1小節目で止まって。 2曲弾く場合、2曲を切れ目無しに演奏したり。 いつものことです。 実際に私がそれをやってみせると、子供たちはゲラゲラ笑うのですが。 

 もし、ここをお読みの方で、ロンドン(北ロンドン)でピアノの先生を探している。 私の生徒たちがどのような演奏をするのか聴いてみたい、という方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。 詳細をお伝えいたします。(メールアドレスは、ホームページ(ブログのプロフィールのところからいけます)に書いてあります)
 18日午後2時半より。 キングス・クロスから徒歩で10分程度のスタジオで行います。
 4月からピアノを始めた子から、グレード7まで。 最初から私の手ほどきを受けた子たち、途中から移ってきた子達、さまざまです。

 あと数日。 私も1曲弾く予定なので、練習です。
 
 困ったこと、いや不便なこと。 私、生徒たちの多くが住む地域の地下鉄、この週末は運休。
 いつもなら、振り替えバスで10分も行かずに他の路線から地下鉄が使えますが、そちらも運休。
 バスだと日曜日の昼間、どれくらい時間がかかるのか、余裕を持って行動しなくてはいけません。

Posted on 2012/11/14 Wed. 21:37 [edit]

category: 音楽

TB: 1    CM: 0

14

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1965-24a41763
Use trackback on this entry.

-

Comment will be displayed after the administrator approves.

 | 2012/11/17 05:13

Trackback
list