05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

明日は1ヶ月振りの休日! 

きっと私にとって過去最高、4週間連続勤務でした。
 とはいっても、1時間の教えの日もあったのですが、出張レッスンをしている身、生徒のところに行かなくてはいけないし、教えモードにするのですから。

 とりあえず、明日は休日です。 とはいっても、溜まりに溜まった、というか、終わりがないデスクワークがあるので、昼間、楽しみなおでかけ以外は、仕事です・・・
 

 長時間教えの土曜日。 今日は朝一で、新しい生徒のトライアル・レッスン。
 問題は山積みな子ですが、お引き受けすることに。 賢そうなの子なのに、ピアノを習って6年経っても、楽譜の音符を読めない、リズムがわからない、指はつぶれて、という状態。 お互いに大変な時間になりそうですが、今、どうにかしたい、という本人とお母様のお考えだったので、大変なことをお伝えした上で、私に習うことに決めて下さいました。
 正直、今までにも何人もこのような子達をお引き受けし、まっさらな、何もピアノを知らない子供のレッスンの方がはるかにやりやすい、と思うこともあります。 が、これはこれで、素敵な出会いなので、頑張ります。 こういう子が、楽譜を読んで弾けるようになるというのは、大きな喜びがあるので、それを見据えていきたいな、と思います。

 やはり、こうしたトライアルレッスン、というのは気を使うものなので、いつも以上に疲れた状態での土曜日レッスンでした。
 彼女は、ピアノを楽しむ!というスタンスの先生の元で習っていたようですが(というよりも、うちのあたりの私も名前だけは知っているミュージック・クラスで習っていたようですが、グレードを受けるレヴェルでも、グループレッスンのみだったようです)、先生がキーボードに音の名前を書き、楽譜にABCと音の振り仮名を書く。
 よって、楽譜を弾きながら読むことができず、ここに来て躓いたようでした。
 いつものことながら、ピアノを楽しむって、一体何なのだろう?と考えてしまいました。

 私を気に入った日本の子、どうやら、クリスマスは、サンタクロースに『みゆき先生』をお願いするそうですが、後ろ髪がひかれる思いをしながらも、やっぱり、教えも演奏も、私にとっての活動場所はイギリスです。 
 今は、ロンドンの生徒たちを育てます。
 4週間後に発表会ですが、初めて人前で弾く子が多くて、どうなるだろう・・・と心配事は絶えませんが。

 
 昨日、バスの中で中学生に直撃された肩は昨夜かなりまずい状態。
 途中の薬局で、この頃見かける、暖めるスプレーを買ってきて、使ってみたら、とりあえず、眠りにつくまでは暖かさが持続。
 今朝もそれでどうにか。 でも、思ったよりも暖かさは持続しないかも・・・ 
 昼頃の生徒のレッスンでは、痛くて生徒に弾いて見せるのがうまくいかなかったのですが(問題です)、夕方のレッスンではどうにかなったので、早く元通りになることを願うのみです。
 
 それにしても、イギリスの音楽グレードシステムは優れているものだと思いますが、8歳(日本だったら小学校2年生)の、ご自宅で全くクラシック音楽を聴く環境にいない生徒に音楽史を教え、曲を聴いてその曲がいつの時代に書かれたものなのか、どうしてそう思うのか、ということを教え込むのは大変です。
 年齢で少々考慮してもらいたいな、と思いますが、ある程度弾けるのであれば、これも大切なこと。
 頑張って覚えてもらいます。

 

Posted on 2012/10/20 Sat. 19:00 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

20

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1955-814325bf
Use trackback on this entry.

Trackback
list