05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

コワイオバサン 

 タイトルのように今日は、中学生男子たちに思われたのだろうな、と思います。

 一日雨の今日。
 教えに行くのに、雨だからバスが来なくて(バスの運行状況は天候に左右される国)、2時半前に最寄バス停からバスが出ないと、2つ先のバス停でなぜか金曜日だけは2時半に学校が終わる中、高校生たちが乗り込んできます。
 バスが来なくて、結局バスが来たのは、2時45分。 
 案の定、大量の中学生。 ですが、ここの学校は苦情も多いのか、この頃は先生方がバス停に来て、生徒たちを整列させ、一般の人たちを先に乗せています。 よって、子供たちも知恵を使い、私が乗るバス停まで走ってくる子も多くなりました。 乗る順番を守らないので、待っていらしたおばあちゃまが怒っていましたが。

 次の問題は、乗り継ぎのバス。 10分に1本来るバスですが、3時前に出発するバスに乗れないと、途中の3時15分頃学校が終わる中学生と一緒になってしまいます。
 そうなると、バスの中は、耳が痛くなるほどの騒ぎ。
 
 今日は最初のバスが遅かった為に、次のバスに乗れたのが3時5分。 見事に、学校帰りの中学生と一緒。
 2階建てのバスで、1階はお年寄りとか子供連れの方も多いので、座っていたい私は(性格的に、お年寄りがいらっしゃると、立つほう)2階へ行きます。
 一番前の席は、後ろが階段になっているため、直接子供たちの叫び声が耳にダイレクトに伝わらないので、1番前に座っていました。

 雨で滑るバスの中。
 2階は、座るのみ。 晴れていても立つことは禁じられています。
 
 でも、この学校の生徒がそんなことを守るわけはありません。
 一人のいつも騒いでいる男の子が、立ったまま、前と後ろを行ったりきたりしていたようです。
 その時、運転手が少々急ブレーキを踏みました。
 誰もがわかることだとは思いますが、その子は滑って、私の左肩に直撃。
 私は肩が悪いですし、左腕を2月に練習中にひねっているので、普段からかなり気をつけています。
 肩に直撃され、肩と腕に激痛が・・・

 しばらく動けなかったのですが、動けるようになって、後ろを見ると、2人席の真ん中にむりやり座り、下を向いているぶつかってきた子がみえました。

 ノートを出し、
「あなたの名前と、学校名を書きなさい」
 といったのですが、もちろん拒否。
 
 イギリスは、子供を守る法律が厳しいので、もしかしたら、子供にこのような状況でも名前を聞くのはまずいかも、と思ったので、そばにいた同じ学校の子供に、学校名を言いなさい、といいました。
 そうしたら、学校名のスペリングを知らない、とか、学校の名前がわからない、とかはぐらかされました。
 
 そばにいた、ちょっと年上の生徒に、
「書きなさい。 自分の通う学校名もかけないの? とんでもないわね」
 と少々強く言い、書かせました。

 この学校の生徒には、前々から頭にきていたのです。

 周りに数人大人がいたのですが、みなさん、よくやった、という感じで興味津々で私をみていました。

 私にぶつかった子供が、とっても心配そうに、
「学校名をどうして知る必要があるの? 学校に言いつけるの? 僕は悪いことはしていないよ。 悪いのは、急ブレーキを踏んだ運転手だ」

 というので、
「確かに、運転手は急ブレーキを踏んだ。 でも、だからこそ、2階は立っていてはいけないことになっているよね? それなのに、立ったままでいたのはあなたでしょ?」

 黙りこんでしまっていました。
 ですが、私としては商売道具の腕の激痛なので、丸く治めることはできません。

 私は、怒鳴るのではなく、淡々と事実を並べ立てて行くタイプ(師匠タイプ)なので、かなり怖かったようで、バスの2階が静まり返りました・・・

 とりあえず、下に下りて、学校のウェブ・ページを調べ、すぐに、学校にメールをうちました。
 まだ返信はありませんが、どうなることやら。
 誰がこの治療の鍼代を払うのでしょう? 学校にはそれもしっかり書いたのですが。 そうでないと、こういうことは再び起こります。

 これで、このバスには再び恥ずかしくて乗れません。 恥ずかしい、というよりも、次に中学生男子たちに、何をされるか怖い、という方が正しいかもしれません。

 きっと、怖いオバサン、と思われているでしょう。 
 でも、私も溜まりに溜まっていたので。

学校から、返信メールが届くのか(きちんと、私の名前も出しています)、そちらの方に興味があります。
 
 

Posted on 2012/10/19 Fri. 19:01 [edit]

category: イギリス事情

TB: 0    CM: 0

19

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1953-e6492d64
Use trackback on this entry.

Trackback
list