06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ボーンマスでのコンサート 

空気は冷たいけれど、晴天の今日、今シーズン最初のコンサートでした。
 
 ソロコンサートは、7月頭以来。 人前で最後に弾いたのは、サマーコースのファイナル・コンサートですので、1ヶ月振り。
 
 
120919-1 bournemouth


 今日は、初めて行く土地です。
 ロンドンから南西に2時間ほど、ボーンマス(Bournemouth)のSt Peter's Churchでのコンサートでした。
 初ドーセット(Dorset)(州)での演奏になります。
 

120919-2


 プログラムは、
 
 モーツアルト: ピアノソナタ ニ長調 K.576
 グリンカ/バラキレフ: ひばり
 ショパン: ノクターン ロ長調 作品62-1
 エシュパイ: トッカータ

 時間がぎりぎりだった為、ほとんどの方が知らないであろう、エシュパイについてのみ、トークを入れました。

 ピアノは、スタンウェイのフルコン。 ですが、非常に古い楽器で、色が茶色、譜面台も装飾されたものでした。
 アクションがかなり悪くて、重い割には、スカスカ。 一番弾きにくい楽器です。
 
 結果、ひばり、ノクターンが合う楽器でした。
 現在のスタンウェイにはないような、まろやかで優しい音色の楽器です。 その代わり、きれ、輝きが乏しいピアノ。
 
 モーツアルトは、途中で左手をやらかして、その後ずいぶん焦りました。
 ただ、第2楽章は、サマーコースで師匠にだいぶ絞られた部分を形にできたかな、とは思いますが。
 来月、2度弾くので、自分のものにしたいと思っています。

 ひばりは、サマーコースでのベルコヴィチ先生のご指導のおかげで、今までとは全く違うものになりました。
 今まで、歌わせなさい、歌わせなさい、歌えていない、と散々言われてきていましたが、ここに来て、歌わせすぎになってしまったようです。
 というよりも、歌わせすぎてはいけない曲、ということがわかり、曲全体が心地よく変わりました。
 というわけで、これは面白くなりそうです。

 ノクターンは、このあたりで、やっとピアノの状態をつかめたので、そして一番多く弾いていることもあり、教会全体をひきつけている感覚を味わえました。
 ちなみに、結構多くの方がいらして下さいました。

 久々に弾いたトッカータ、やはり良い曲です。
 ピアノ自体に力がなくて、きれを出すのが難しかったのですが、ひばり、ノクターン、とゆったり目が続いた為、コントラストがあって、よかったそうです。
 一時、この曲を弾きまくっていたことがあって、そのあと、長い間冷凍してありました。
 少しずつ、またこれを弾いて行きたいな、と思います。
 それにしても、エシュパイさん、ピアノ曲はこれしか良い曲がないらしく(お孫さん=私の友人、談)、残念です。

 
 とりあえず、喜んでいただけたようでした。 私としては、モーツアルトががっくりなのですが、やはり、演奏をしている時が、一番自分自身としっかり向き合えるように思います。

 
 母がこの夏にがんばって縫ってくれた着物を縫い合わせたスカートを穿きました。 10年ちょっと前に同じものを作ってもらって、イギリスで反応がよいものなので、もう一枚縫ってもらったのです。 これが、非常に好評で、やはり、ちょっと無理してでも縫ってもらってよかった、と思います。
 写真を撮っていないので、お見せできないのが残念ですが。
 ブログの右側のプロフィール写真で着用しているものの、色違いです。
  これ、本当は、下の方がきれいなシルエットになっているのです。

 余談ですが、今朝は、列車でテーブル席を陣取って時間がなくて製本できなかったコピー譜を製本していました。
 要領をつかみました。 長く使ってみないとわかりませんが、とりあえずはこれでやっていこうと思います。

Posted on 2012/09/19 Wed. 21:52 [edit]

category: 自分のコンサート

TB: 0    CM: 0

19

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1938-6c09b185
Use trackback on this entry.

Trackback
list