05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

楽語 

 数日前とは一転。 薄いコートが必要な気候になってきました。
 今日は振り替えがあった為に、最後のレッスンが終わったのが、夜8時。 すっかり日が暮れていました。

 もう1ヶ月前のことになりますが、サマーコースでのレッスンでの小話をひとつ。
 
 2001年から毎年のようにレッスンを受け、イタリアでの講習会にまで参加しに行った、モスクワ音楽院のイリーナ・オシポヴァ先生。 私は今年彼女のレッスンが3回あったのですが、いつも通り、エネルギッシュで、そして叙情性豊かで、音楽が一回り大きくなるレッスンをして下さいました。
 
 彼女は、私が凄く下手だった頃から私を知っているのですから、毎回その成長(もしくは、その反対)を見てくださっています。 そして、2001年に私がサマーコースでもう駄目、と思って、大泣きして、Dr.Sと話をしたその現場に居合わせたのも彼女。 Dr.Sと勉強していた頃は、私の大学での様子が、全て彼女にも伝わっている、というまあ、私にとって、顔も上げられない恩師です。
 今回も、イスラエルのイリーナ・ベルコヴィチ先生に、私の過去の話がかなり彼女によって伝わっているようで、恐ろしい・・・


 前置きは長くなりましたが、モスクワのこのイリーナ先生とのあるレッスンでのこと。
 
 一度弾いた後、細かいことに入ります。
 まずは、テンポ感。 私はどちらかというと、ゆっくり目のテンポ感の持ち主です。
 アレグロ、と書かれた部分を先生が指し、
 
 先生:「これはどういう意味?」
 私:「はやい」
 先生:「模範解答はそうね。 でも、イタリア語本来の意味で考えたら?」

 先生:「以前、ロシアのオーケストラがイタリアへ行った時、誰もイタリア語を喋ることができなかったの。 数人のメンバーがレストランで食事をしているうちに、時間を忘れて、リハーサルに遅刻しそうになったのね。 そこで、タクシーに乗って、音楽用語を使って、タクシーの運転手に急いでもらおうと思って、”アレグロ”と言ったのですって。 そうしたら、運転手は、ニコニコ顔で、”Si!”と言って、鼻歌交じりに運転し始めたらしいの。 ロシア人たちは急いでほしかったから、何度も”アレグロ”といったのに、そのまま。 これは、と思って、”プレスト!”と言ったら、速くしてくれたらしいのよ」

 ということで、アレグロの本来の意味を考えて演奏。

 そのうち、フェルマータに差し掛かった時、私のその音の弾き方が悪くて、短めに、しかも、中途半端な長さになってしまったのです。
 すかさず止められます。

 先生:「これ何?」
 私:「フェルマータ」
 先生:「だから、どういう意味なの?」
  
 ここでの模範解答は、”ポーズ(Pause)”

 ですが、先ほどの話があるので、私は、これはイタリア語本来の意味を聞いているのではないか?と考えすぎてしまったのです。 ですから、

 私:「バス・ストップ(バス停)」

 と、答えたのですが・・・ 先生、大爆笑。

 先生:「あなたって素直よね! I love you!」
 とのことでした。 私の頓珍漢さが、他の先生方に伝わっていないと良いのですが・・・

 先生は、ポーズ、の方の答えを待っていたようでした。 

 
 音楽用語のほとんどは、イタリア語。
 ですが、フランスものを弾くと、フランス語での指示が書かれているし、シューマンの楽譜を勉強している今は、全くドイツ語がわからないので(ほんの少しの用語はどうにかわかりますが)、ドイツ語の辞書が相棒です。
 フランス語は発音がわからないのですが、なんとなくバレエ用語からヒントを得ることもしばしば。 もちろん、辞書を引きますよ。

 生徒たちの楽典(セオリー)の過去問の答えあわせをしながら、ドイツ語の用語が出てくると、実はあせります。 一人、素晴らしく暗記が得意な子がいて、感心していますが。
 
 

Posted on 2012/09/12 Wed. 21:50 [edit]

category: サマーコース 2012年

TB: 0    CM: 0

12

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1933-6bcce6e6
Use trackback on this entry.

Trackback
list