07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

新学期が始まりました 

夏日が戻ってきているロンドンです。
 
 昨日、今日から、家のあたりの公立の学校は新学期を迎えたようです。
 バスに乗っても、真新しいジャンパーを着た小学生、まだ体にあっていないジャケットを着た中学生をみかけます。 
 ちなみに、イギリスでは、入学式のようなものはありません。 ほとんど、初日から午後まで学校ですごします。

 
 子供たちも、ほとんど先週、今週からレッスンに戻っています。 2ヶ月間レッスンをしなかった子達もいて、やってある人とそうでない人の差が非常に激しい。 特に、この冬にグレード試験を受けるつもりでいて、きちんとスケール、アルペジオ、初見をやっていなかった人たちは、新学期早々私から雷を落とされる羽目に。
 
 早いうちから、スケール、アルペジオをはじめること、とても大切だな、と身にしみています。
 小学校5年生くらいになって私に習って初めてスケールをやるこは、非常に時間がかかることが多いです。
 それに引き換え、ピアノを始めて、基礎の指作りがおわってすぐにスケールを始めた子は、4、5歳でもどんどんスケールを覚えていきます。

 私自身が、大学生になってスケールを始めて、非常に苦労したので、よけいこのように思うのかもしれません。 ですが、イギリスではグレード試験で、スケールが必須です。

 この夏休み中、学年があがるほど、ロンドンにいても初見、スケールをやっている人が少なかったのが残念。
 これらは面倒だけれど、積み重ねが非常に大きいのですから。

 
  昨夜は、今年度最初のバレエ・アソシエイションでした。 久々にオペラハウスのお友達(皆さん、私よりもずっと年上)とお会いし、やっとロンドンに帰ってきた思いがしました。
  話を聴きながら、色々と私自身のことと重なって思ったことがあったので、明日にでも。

Posted on 2012/09/06 Thu. 20:33 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

06

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1928-3542a2b1
Use trackback on this entry.

Trackback
list