05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

色々と考えること 

 昨日は、完全に一日ボーっと過ごしていました。 というよりも、一日ベッドの中にいた状態です。
 そのときにはそれほど感じなくても、やはり、サマーコースで疲れが溜まりに溜まったようです。

 今日は、サマーコース中に知り合った方とお会いする約束があったので、市内まで行ってきましたが。
 


 サマーコース中、日本人の参加者もいたので、いつものように、色々と日本の現状をお聞きしたり、その演奏から感じ取ったりしていました。

 日本の音楽教育をほぼ受けていない私にとって、色々と考えさせられました。
 衝撃的なこともありました。
 
 レッスン方法、練習方法、今までも日本の方から色々なことも伺っていましたが、再び残念な気持ちになることが多々ありました。 日本の音楽での常識=世界の常識では決して無いように思います。

 
 先生方もこれを感じていらっしゃいます。 イギリスの総合的な音楽教育(たとえば、グレード試験では、曲もさることながら、スケール、アルペジオ、初見、聴音(音楽史的なもの含む)が必須)に慣れていると、日本でのピアノ教育は偏っているように思うようです。 そのところ、先生方も完全に理解ができているわけではないので、???となってしまうようです。

 
 日本人の生徒だけではなくて、他のイギリス系(ロシア系以外)の人たちのレッスンをみていても感じましたが、ほぼ全ての人が、音の出し方、音色の変化についての指導を受けていました。 これは、一度のレッスンで変わるようなものではなくて、特に今までやったことが無かった人たちは非常に大変だったようです。
 私が、Dr.Sについていた間、ずっとしつこく指導されてきた部分です。

 私が気に入った、そしてお声をかけて頂いたイスラエルの先生は、私が聴講していたレッスンのほとんどで、これを指導していました。 私はここの部分ができていた分、先生は指導しやすかった、ということがあると思います。

 色々なことが頭の中を渦巻いていますが、そろそろ、ピアノに向かいたくなってきました。 昨日は、その気持ちがあっても、ピアノの前に座る元気はありませんでしたので。
 
 
 

Posted on 2012/08/21 Tue. 17:48 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

21

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1919-f1f7330b
Use trackback on this entry.

Trackback
list