05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

デビュー?? 

 毎日とろけるような暑さです。
 食べたいものがたくさんあるのに、食べたい、と思うものが限られます。
 もうすぐロンドンに帰る私の選択で夕食が決まるので、我が家は数日、魚続きです。 

 さて、先月だったか、その前だったか、私は立ち食いそばを食べるのが夢、と書いたことがありますが、もうひとつ、食べてみたかったものがありました。
 今日は昼食が独りだったので、実行。
 それは、ラーメン。 家でラーメンを食べることはあっても、外、いわゆるラーメン屋さんでラーメンを食べたことは幼い時を除いてありませんでした。
 小学校1年生位の時、旅先でラーメン屋さんに入ったことがあるそうですが、私が

 「ここのお店は、注文を受けるのも、作るのも、出すのも、お会計も全て一人のおじさんでやっていてすごいね」
 と、感心したそうです。それ以来行っていません。

 全くわからないので、とりあえず、出かける予定があったので、実家の最寄り駅に近いところを検索。
 おじさんばっかりのカウンターの店内。
 おいしかったのですが、ラーメンはとんこつ味のみだったようで、とんこつラーメンを食べたことが無かった私には少々重め。 
 まあ、とにかくずっと食べたくていたものを食べられたので、それなりに満足でした。


 そして、デビューといえば、先週の土曜日のこと。
 私、イギリス大好きで、イギリスに住んでいますが、実は、日本文化、というのは愛するものです。
 その中でも一番お手軽な、盆踊りはそれこそ、3才くらいから今までずっと大好きなもののひとつ。

 我が町内は、昔は2夜盆踊りをやっていましたが、大変、という理由で一昨年から一夜になってしまいました。 折角、大変な思いをしてやぐらを建てるのだから、一夜ではもったいないと思います。
 私としてみれば、1週間くらいあっても足りません。

 今年は、その前の週の週末に2時間ずつ行われた練習会にも参加。
 家族からは、行かなくていい、と言われたのですが、そんなの聞くわけがありません。 本番が1回なのなら、せめて練習で2日踊れたら嬉しい、という考えです。
 大体、今年は我が家は町内の支部長。 一応、支部長は練習に参加しましょう、ということだったようなので、それを理由に出来ます。

 私としてみれば、小学、中学生頃まで私をよく知っていた盆踊りのお仲間はここ数年で皆さんお亡くなりになってしまったし、ここに住んでいないから、もうほとんど私を知っている町会の人もいない。
 だから、練習に参加したって、どこのだれかわからずに済む、と思っていました。

 ですが、久々に盆踊りをしても、身体は覚えているので、そして、強制参加のPTAのお母様以外は、平均年齢65歳ほどの中で、やたらと踊れる私の年齢、というのは目立ったようです(計15人ほどですが・・)

 よって、大人しくしていたはずなのに、休憩時間には、
「お上手ね。 どこの支部の方?」

 終わったら、振付を覚えていた二人のご婦人のお一人に声をかけられ、

「お上手ね。 町会の方?」
「子供のころからずっと踊っていたので。ずいぶん忘れていますが。 一応町会の者です」
「どこの支部の方?」
「確か、8か9です(覚えていない)」
「8か9のあたり、と言ったら、もしかして花柳で日舞をやっていた加藤さん? だったら、上手なはずよ」

 一発でバレました。
 しかも、母は挨拶はするものの、話したことはない方だったのですが、私がピアノをやっていて、海外にいる、ということまでご存知。 田舎は恐ろしい。

 ただ嬉しいことに、
「今年は、是非やぐらの上で踊ってね」
 
 表向きには平静を装っていたものの、内心喜びでいっぱい!
 子供の頃から、やぐらの上で踊れる、と言われていたものの、ほかの子供たちが上がりたくなったら困るから、駄目、と盆踊り仲間のご婦人方に言われていました。
 やっとやぐらに上がれる時が・・・

 もちろん、ドジな私を知っている家族は反対していました。
 が、いうことなんて聞きません。
 

 ということで、先週の土曜日は暑いのに、やぐらの上で、2時間踊ってきました。
 アンパンマン音頭に始まり、今の子供たちは知らないであろう、オバQ音頭。 
 地元の音頭が二つに、近隣の新秩父音頭、おなじみ東京音頭、八木節、炭坑節、初めての知らない音頭、きよしのズンドコ、最後には好きになった人、楽しみました。
 強いて言えば、子供の頃からオバQとか、当時のドラえもん音頭よりも、八木節、東京音頭が大好きだった私は、子供の踊りが3回も繰り返されたのに、八木節が1回だったことは少々不満。

 そして、大人しく誰もわからないだろう、と思って参加した盆踊りだったのに、若いのに(あの集団では、私はずば抜けて若い)よく踊れる、ということで、評判になったようです・・・
 しかも、お手伝いをしている中に、私も知っている方が混じっていたこともあり、加藤さんところの長女、ということが知れ渡りました・・・
 私の妹は、私たちは似ている為(妹の方が細いですが)、町内を歩けない、恥ずかしい、と言っています。
 
 来年は、PTAのお母様方にぜひ指導を、なんていう話まであがったようです。 非常に困ります。
 私にとって、盆踊りの振りは半分以上は音楽を聴けば思い出すものですし、ピアノの暗譜と比べれば、とっても簡単なもの。 
 今回は、忘れないように、しっかり振りをノートに書きました(こういう無駄な事ばかりしています)。

 先週の土曜日はとても暑い上に、やぐらの上は電気で温度が上がります。
 よって、浴衣は汗でびっしょり。

 明日まで4日間築地本願寺での盆踊りがあるので、ここでの盆踊りに参加することが夢だった私は行きたかったのですが、先週、鼻緒がすれて、足に5か所のまめ。 しかも1か所は長さ2cm以上の水膨れになってしまったのです。 下駄をはくと痛いし、第一予定上、都内を浴衣を着て歩くわけにはいかないから、荷物が困る、ということで、あきらめました。 4日間もあったら、さぞかし楽しいことでしょう。

 というわけで、今でもふとした時に盆踊りの音楽が頭の中に鳴り響いています。
 1週間でしっかりピアノモードにしなくてはいけません。

Posted on 2012/08/03 Fri. 23:23 [edit]

category: 日本

TB: 0    CM: 0

03

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1911-f953ece2
Use trackback on this entry.

Trackback
list