07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

この夏はピアノ♪ 

 青空で、暑いのかと思いきや、だんだんと怪しい天候になっていったロンドンです。

 1週間が過ぎるのがあっという間。 明日はもう金曜日。


 2001年から2008年まで、毎年北ロンドンで行われる1週間のサマーコースに参加していました。 毎日違う先生方からレッスンを受け、ピアノ三昧の1週間を送ります。 周りには自然しか無いような場所(2007年から場所が変わりましたが、両方とも同じような環境)で、いわば、音楽の牢獄のようなところです。

 朝から晩まで、ピアノ漬け。 食事も出るので、食事の支度を考えなくてもよい環境です。


 私の師匠が主催しているもので、高校生までが多く、リピーターも多いのが特徴。

 1年に1度会う、いとこ会のようなものです。 いとこが一人しかいない私にとっては、毎年、レッスンももちろんのこと、友達と会うのも楽しみ、というサマーコースでした。


 いろいろな気持ちがあってこの3年間は参加していなかったのですが、今年は久々に参加することに。

 といっても、色々と迷っていたのですが、先月末に、Dr.Sと奥様の生徒さんの発表会を観に行って、少々衝動的に決めました。

 先日、やっと先生に空きがあるか連絡したら、あるとのこと。

 申込書を提出する前に、インヴィテイションのレターが送られてきました。 さすが、我が師匠!!

 メールには、「またみゆきのピアノを聴くことができるのは、Delightedだ」、と書かれていたので、「先生をがっかりさせないと良いのですが」と返信しておきました。


 非常に何がなんだかわからないのがこのコースだったのですが、いろいろあちらも学んだようで、ウェブサイトが充実していて、驚きました。

 よく、日本からの参加者が、こんなにめちゃくちゃできちんとしていないサマーコースは初めて、と文句を言っていました。 私はここしか知らないので、これが基準になっていますが。 我が師匠にきちんとしたことを求めること自体間違っている、という考えですし。



  本当は、先生をからかって、今年サマーコースに参加するのは、

「あのカッコよくて、ハンサムな先生の顔を拝むため」

と言おうかな、と思ったのですが、先生を悲しませるので、自粛。

 まあ、私自身は、あの先生のことをそのようには思っていないのですが、巷では、カッコよくて、有名。

 

 私はこの先生に、カーディフの音大時代、室内楽でお世話になったりもしたのですが、当時、音大というと50代以上の男の先生か、ゲイの先生ばかりだった中で、30代のこの先生(多分、ゲイではない)は目立ったものでした。

  我が師匠でさえ、この先生が王立音楽大学で代理の先生として、私が在学中にいらした際、

 「どうして、あの先生が代理で呼ばれるのかしらね?」と言った私に対し、


「当たり前だ。 あの先生は、ハンサムで、good lookingで、背が高くて、若いんだ。 カレッジのピアノ科主任(女性)はああいうのが好みなんだろうよ」 と吐き捨てるように言ったものです。


 王立音楽大学も、当時は若い先生なんていなかったので、女子生徒たちが、うわさを聞いて、こぞってレッスン室を覗きに行っていました。 私は、前の大学でお世話にもなっていたので、一応挨拶したのですが、それを他の友達が見ていて、「ずるい」と言われたものです。


 というわけで、この夏は、ピアノの練習をがんばります。 あのコースで、レッスンで自分の100%で弾くためには、200%の準備が必要なことくらい、とっくに学習しています。 その学習が活かされているかどうかは、毎年なぞですが。


 3年間参加していないので、顔ぶれも変わったことでしょう。 仲良くしていた当時の高校生たちはもう大学生。 ちょっとさびしいかな、なんて思いながら、久々に、自分のピアノだけに1週間浸ることができること、今から楽しみにしています。

 

 

Posted on 2012/06/14 Thu. 05:04 [edit]

category: サマーコース 2012年

TB: 0    CM: 0

14

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1887-278f3e2b
Use trackback on this entry.

Trackback
list