09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

疲労たっぷり 

 昨日までとは変わって、気温も低め、空もグレー。

 これからジュビリー・ウィーク・エンド、天気に恵まれなさそうです。

 明日はせっかくのマンチェスター、どうにか雨が降らないと良いな、と思っていますが。


 昨日は35分ほどのコンサートだったにもかかわらず、とんでもない疲労感。

 あの後、教えが1件ありましたが、夕食を作る気力もなく、途中で買って、夜練習する気力もなく、なんと10時半にはベッドに倒れこみました。

 そして、今朝起きたのは8時過ぎ。 何時間寝たのでしょう・・・

 

 それでも、まだまだ疲労。

 この疲労感、4月のコンサートのものとは違います。

 いってみれば、以前のコンサート後の疲労感が戻ってきました。

 昨日は、いろいろとやってしまったことはあるものの、それでも、だいぶ音楽が戻ってきて、完全燃焼に近いものがあったのです。

 

 35分のコンサートに5曲の小品。 

 大曲を弾く際の体力、というのもきついものがあるのですが、こうして、小品ばかり、というのも、実は非常に疲れることなのです。

 小品だからこそ、その一つ一つにクライマックスがありますし、わーっという感じの聴かせどころもありません。 

 曲が変わる毎に、自分自身を一瞬にしてリセットしていきます。

 

 よく、小品ばかり、なんて演奏が楽、というように思われるし、言われますが、実際は全く違います。

 プロコフィエフの戦争ソナタのようなものは、それはそれは体力を使いますが。

 その意味で、私にとってメンタルも体力もきつくて、演奏後まさに床に座り込んで動けなくなったのが、ベートーヴェンの最後のソナタ。 大学の卒業リサイタルの中の1曲でしたが、あの感覚は滅多に味わえるものではありません。

 

 今日は、起きているのに、メンタルが寝ている感覚。

 教えの間だけはシャキっとしますが。

 

 ボーっとしすぎて、ボロボロの身体をどうにかすべく、久々に鍼に行こうか、と思ったものの、その時間も逃す有様。

 この私が、疲れすぎて食べる気力もなくて、朝も、昼も昨日買って来たストロベリーが主食。

 さすがに、夜は食べましたが。

 

 明日は朝4時半起きでマンチェスター。

 初めての場所で心配もありますが、夏以来、久々に大好きなショパンのノクターンを弾く予定なので、楽しみです。

 

Posted on 2012/05/31 Thu. 02:39 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

31

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1875-1c839535
Use trackback on this entry.

Trackback
list