07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

バラ、空、プログラム組み立て 

 相変わらず晴天が続いています。

 週間天気予報だと、今週末から崩れるようですが(しかも、今の最低気温より、週末の最高気温のほうが低い)、どうにか金曜日にマンチェスターへ行く時には天気がもってもらいたいな、と思っています。


 暑さには随分身体も慣れて、薬も使わなくなりましたが、どうやら、季節はずれ?の花粉症が再び。

 薬を飲むので、いつも以上にボーっとしています。



WITH HOPE!!-120528-1

 遅めのバラもやっと咲きだしました。

 教えに行く先々での、住宅地の前庭に植わったバラが美しいです。


 先々週あたりから、子供たちは学校の宿泊旅行(大抵5泊とか・・・)でレッスンお休みの子がちらほらと。

 今日も最後の子が休みだった為、ブリティッシュ・ライブラリーへ直行。


 7月のコンサートのプログラムを今週末までに送らなくてはいけないのに、まだ考えていなかったから考え始め、初めてのところだし、雰囲気もわからないから、どうしようかな・・・と煮詰まる。

 仕方がないから、そのままバスに乗って、明後日行く、コルチェスターへの切符を受け取りにリヴァプールストリートまでドライブ。

 空を見ながら、いろいろと曲を頭の中で鳴らしながら、プログラムを組み立てる。

 あまりにも空がきれいだから、家に帰るのがもったいない。

 2階建てバスの一番前の席がぴったりです。


 6月、7月は3箇所とも初めて行く場所でのコンサート。

 どんなピアノがあるかわからないから(事前に、ピアノメーカーと状態を伝えて下さるところもありますが)、プログラムを組み立てるのは、賭けの部分もあるのです。



WITH HOPE!!-120528-2


 というわけで、夜9時、キングス・クロス駅にバスで戻ってきたら、きれいな空。

 いつの間にか、先週私がオペラハウス篭りをしている間に、夜9時まで明るさが続くようになったみたいです。

 私が思う一番美しい季節のイギリスが今。

 明後日晴れてくれたらいいな、お弁当を持っていって、コンサートの後は、あそこの公園でお昼かな、なんてのんきなことを考えています。

 

Posted on 2012/05/28 Mon. 04:19 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

28

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1871-2551a659
Use trackback on this entry.

Trackback
list