09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

実はお転婆 

 5月の声を聞いたからでしょうか。

 今日は、薄いコートが昼間はいらないほど。

 


WITH HOPE!!-120501-1

 生徒がお休みで、教えが早めに終わったので、久々にブリティッシュ・ライブラリーへ行きましたが、午後8時、閉館時間に外に出たら、この明るさ!

 気温が思ったよりも上がらずにいますが(きっと、昨年が暑すぎたのでしょう)、とりあえず、この時間まで明るいと気持ちが晴れ晴れします。



WITH HOPE!!-120501-2


 ありがたいことに、先日お問い合わせをいただいて、新しい生徒さんを教えることに。

 1年間他の方に習っていた女の子。

 

 現在、月曜日から水曜日は怪しい日本語の子も含め、全員日本語でのレッスン。

 木曜日は日英両方、金曜日、土曜日は英語でのレッスン。

 というのが私の生徒たちでしたが、火曜日も英語でのレッスンに。

 私の頭の切り替えをしなくてはいけません。


 上の写真、この新しい生徒宅へ行く途中。

 家から地図での直線距離だと近くて、歩くと20分ちょっとかな、という距離。

 バスだと2本乗り継ぎだし、とっても遠回り。

 というわけで、歩き出し、今は便利な世の中ですから、分厚いA to Zではなくて、iPhoneの地図をみながら歩きました。

 iPhoneの地図だと、歩行にしても、環状線の歩行者道路がないところを歩くようになっていたので、そんな危険なことはできない、と思い、他の道を歩いて、環状線を渡る(もしくは、サブエイがあるのかな?という描き方)ように、と思ったら、この写真のごとく、真ん中に高い網の塀が建っていました。

 仕方がないので、戻って、途中の歩道橋を渡りました。

 結局、30分くらいかかりましたが。

 微妙な距離。


 昔(マンチェスターにいた頃のことだから、12年前!)、Dr.Sのレッスンの為にロンドンに来て、Watford Way(大道路)を横切れるところがなくて、歩道橋も遠いし、この金網をよじ登って反対側に降りたことがあります・・・

 危ないですね・・・ しかもスカートで。

 さすがに、今回は慎みました。


 カーディフ時代も、門が閉められた後の夜の公園に、友達と門をよじ登って入ったこともありましたっけ。

 公園を横切らないと、すごく遠回りになるので。

 結構、危なっかしいことをしていますね。

 今は落ち着いていますが。

 

 

 というわけで、現在、ネットのつながりも悪いし、携帯電話の電波も悪くてほとんどつながらない我が家です。

 やっと、引越し先を検索中です。


Posted on 2012/05/01 Tue. 04:47 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

01

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1852-3a44ff2f
Use trackback on this entry.

Trackback
list