09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

これからの音楽家は・・・ 

ビジュアルだ!! 


タイトルを読むと、真面目なことを書きそうですが・・・

私の同業の友達(36歳シングル男、人種はオリエンタルですが、日本人以外)は、これを大真面目に語ってくれました。 私は、途中まで大笑いしながら聞いていましたが。


 

 私が、なかなか今の演奏状況から上のカテゴリー(要は、ランチタイムコンサート以上)に進めないのよね、と言い始めたことから、説明してくれたこと。


 「僕みてよ。 痩せたと思わない? これからの音楽家はビジュアルだからね。」

 という会話から始まりました。

 

 「とにかく、お前もダイエットしろ。 痩せて、セクシー・ドレスを着ろ」


 「僕のFacebookの友達の写真を見てみなよ。 この頃、音楽家の女の子たちは、プロフィール写真を、セクシーなドレスを着て撮っているよ。 みゆきは、モデストなんだよ。 10年前はそれが必要だった。 でも、今は、時代が変わっているんだ。 モデストでは生きていけない。 みゆきよりも、経験もなく、演奏力が低い人が、みゆきよりも、もっと条件の良いコンサートをしているよ。 なぜだと思う? 皆、自分の力以上によく魅せる能力があるんだ(日本風に言うと、ハッタリですね)。」


 「こないだ、○○(某、若手女性ヴァイオリニスト)の演奏を聴きに行ったんだ。 どうしてだと思う? 

 それは、彼女は、リーフレット(パンフレット?)に、胸の谷間が見えるドレスを着た写真を使っているんだ。

 コンサートも、彼女はセクシー・ドレスを着るって有名だからね。 それを観に行ったんだ」


 私に、大馬鹿!!といわれたのですが、全くひるむ様子無し。

 

「男なんてみんなそうさ。 クラシックのコンサートを聴きにくる男で、まともに演奏を聴きに来るのはいないよ。

 ほかの事を期待しているんだよ。 コンサートのチラシの写真が、胸の谷間が写っているものだったら、絶対に観にいくよ。」


 いや、私は、ブログ仲間のコンサートによく行っていらっしゃる方々を知っていますが、皆さん、真面目に聴いていらっしゃいますよ。 中には、美人演奏家の追っかけ(?)をしていらっしゃる方もいますが、こんなに凄い下心ではないはずです。


 この話を、同業の日本人の友達(女)にしたら、あきれ返りつつも、いや、共通の知人ピアニストは、そういえば、腕で胸をよせた写真を撮っていたよね、と思い出し、一理あるのかも、という話になりました。


 

でも、私の場合、元が元ですから・・・

 高校3年生の時、イギリスの音大用の入試の録画撮り(今とは違って、日本での入試が行われていなかった為、録画、録音を送りました)の時、世話してくださった、当時は私の高校の音楽教師だった人は、

「加藤さんは、お面をかぶって録画してもらいたいくらいです」

と言われました。

 実際には、そんなわけにはいかないので、背中側から録画を撮りましたが。


 イースターホリデー中、同じくらいの年齢のイギリスの音楽家のウェブページをみていたのですが、皆さん、昔よりもグラマラスな写真を使っていることはわかりました。

 私は、3年前にまとめて日本で撮影していただいた物がよいものなので、それを使っていますが。

 

 大体、私がセクシードレスを着たら、誰も聴きに来てくれなくなります。

 

 ダイエットは・・・ 気をつけないと。

 昨年夏は、日本で歯医者で、「お姉ちゃん、重量オーヴァーだな、」と妹が先生から言われてきたくらいですので。


 前述の友達、もしかしたら私の千秋先輩、いや、シュトレーゼマン?になるかもしれないから、その時、痩せなかったら一緒にやらない、と言われないように、がんばるかな・・・


 というわけで、これからの音楽家は、ビジュアル。

 でも、やはり演奏力をあげることは必須ですので、練習あるのみです。

 

 どうして、私の周りの音楽家の男友達というのは軽いのばかりなのでしょう・・・

Posted on 2012/05/08 Tue. 06:29 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 4

08

Comments

1. 美人&イケメン増えましたよね 

おはようございます!

思わず笑ってしまいました。

しかし「セクシードレス」はさておき、最近はクラシックの演奏家も
美人さん&イケメンが増えましたよね。

パンフレットやCDの写真もタレントさんのような
衣装、ポーズで決めている演奏家もいますし。

新しいクラシックファンを増やすには、良いのかもしれません・・・。

でも、実際に千秋先輩みたいな指揮者がいたら
私も追っかけしちゃうかもしれないです(笑)

URL | sayaka #79D/WHSg | 2012/05/09 08:51 | edit

2. 呼ばれたような気が…。 

楽しい記事ですね。確かに、セクシーな演奏や演奏家には心引かれるものがあります。それは別に衣装とか外見がセクシーならいいわけじゃなくて、演奏家はやっぱり音楽を奏でている姿そのものが「セクシー」なのが重要じゃないかと。がんばってくださいです。もちろん、セクシードレスでも聴きに行きますヨ。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2012/05/12 18:03 | edit

4. Miklosさんへ 

ということは、追っかけだったのですか?

音楽を奏でる姿がセクシー。
難しいですね...
私の師匠は、「あそこにいい男がいると思ってその人を追う目で弾け」とかよく仰いましたが、そういうことなのかもしれませんね。
頑張ります...

ところで、昨夜お会いするかな、と思っていましたが、お会いしませんでしたね。きっと、マクレーの時、と思っていたので。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2012/05/12 18:08 | edit

5. Re:Miklosさんへ 

11日は演奏会のほうを先に入れてしまってました。「リーズの結婚」は滑り込みセーフで来週行きます。もしいらっしゃれば、お会いしましょう。

ところで最近駅でよく張ってあるリーズの新しいポスター(マルケス、マクレー)を妻が欲しがっていますが、入手することってできるものなんでしょうか?このままでは妻は夜中にこっそり剥がしに行きかねない勢いです。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2012/05/15 08:25 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1849-459efb7b
Use trackback on this entry.

Trackback
list