09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

久々のグランド 

ずいぶん暖かいロンドンです。


 久々に、ピアノ屋さんへ行って、グランド・ピアノでの練習をしてきました。

 年末、大学に用があって行った時、ゴードン先生がちょっと弾いていていいよ、とおっしゃってくださって、練習室のスタンウェイを5分ほど弾かせていただいて以来。


 このピアノ屋さん、11部屋ほど貸し練習室があるはずですが、グランドの部屋とアップライトの部屋があり、1時間単位で借りることができます。


 私はここを使うのは1年振り。 残念なことに、ピアノの質が非常に落ちていました。

 まずは、私が少々苦手なメーカーということもあるのですが、調律が狂いまくって、整調もできていない。

 鍵盤の深さはめちゃくちゃ、ペダルも調節できていないし、とにかく、鍵盤が重い。

 同音連打(レペティション)が全くできない。


 どういうことなのでしょう・・・

 今までにも、ここを使われていただいたことがありましたが、こんなことは初めて。

 私は、それほど、ピアノに文句を言わない方です。

 でも、これは酷い。


 本当は、来週、もう1時間お借りしようと思っていたのですが、これでは意味が無いので、他を探し中。

 できれば、ヤマハがあるところ、と思うのですが(なんだかんだ言って、どんな環境にも耐えられ、一定のレヴェルを保つのは今までの経験上はヤマハです。 もちろん、音質、その他を考えると、他のメーカーがよいですけれど)、ロンドンではなかなか難しそうです。


 今まで演奏したことがある教会の方々は、いつでも、練習したかったら言ってください、とおっしゃって下さいますが、どこも、ロンドン以外です。

 今までも、ロンドンで演奏したことがある教会をお借りしたこともあるのですが、今回は曲が曲で、ちょっと教会で弾いたら迷惑そう。

 日本だったら、苦労しないことですね。


 それでも、久々に、グランドピアノで集中して練習できました。

 テンポを上げないと、と思っていたのに、いつの間にか上がりすぎてしまったようです。

 昨日、そして今日タイムを計ったら、やたらと早すぎ。

 1曲なんて、オーケストラ編曲ですが、オーケストラが5分7秒で演奏しているのに、私は4分半。

 テンポをあげるのはきついですが、下げる方がずっとらく。

 

 基本的に、私はテンポ感がゆっくりな方です。

 ショパンの幻想ポロネーズは11分台で演奏する人が多いのに、私は13分台。

 ショパンのノクターンも、大抵1分くらい私が遅い。

 よって、このようなことは非常に珍しいのです。

 ページを抜かしているのかしら、と慌てたほどですから。


 最初は宇宙語の連続のように思えていた楽譜も、きちんと向き合えば、音になる。

やっぱり、ピアノがすきなのです。

Posted on 2012/02/16 Thu. 02:30 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

16

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1823-b1c19d07
Use trackback on this entry.

Trackback
list