09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロンドン 

 風がちょっとあるものの、マイルドな天候の週末でした。

  

 乾燥しているのか、それとも、ピアノの弾き方が悪いのかわかりませんが、親指の先端がひび割れ始めてしまったので、午後からピアノを中断。


 気分転換がてら、久々に、セントラル・ロンドンへ。

 セントラル・ロンドンへはしょっちゅう行っていますが、99%がロイヤル・オペラ・ハウスがある、コヴェント・ガーデン。

 歩きタバコが嫌いな私は、オックスフォード・ストリートの人ごみの中を歩く気になれません。


 非常に久々に、メリルボーン・ハイ・ストリートから散策開始。

 (カメラを忘れました・・・)


 おしゃれなお店も多く、ストリートの感じも、どちらかというと、お隣のハイカラな国のような雰囲気(こういうと、お隣の国から、全く違う、と怒られそうですが)。

 

 カーディフとは違うので、日曜日の午後4時になっても、お店が閉まりません。

 既に、カーディフよりも、ロンドンの方が住んでいる年数が長くなった、というのに、色々な感覚、というのは、カーディフ時代のままです。


 オックスフォード・ストリートへ着くと、物凄い人。

 英語はほとんど聞こえず、中国語、ロシア語、スペイン語、イタリア語ばかりが聞こえてきます。

 メインロードは、工事で通行止めが多いですね(バスはずいぶん長い間diversionしているのですが)。

 

  セールはだいぶ終盤なのだ、ということにいまさら気がつきました。

 ジョン・ルイスへ行ったら、布売り場がずいぶん狭くなって、子供服、おもちゃ売り場が広がっていました。

 

  10年使っているDuvet coverがだいぶ汚くなったから買い換えよう、と思って、デパート3つをはしごしたものの、結局見つからず。

 今使っている2つは、カーディフのローラ・アシュレイのセールで買ったもの。

 カーディフのローラ・アシュレイでは、セカンド(ちょっと問題があるようなもの=実際には全くわからない)を凄くお手ごろ価格で手に入れることができたのです。

 夏のセールからずっと探しているので、3月過ぎて、時間ができたら、自分で縫うべきなのか・・・


 セカンド、といえば、マンチェスターにいた頃は、ストーク・オン・トレント(陶器の街)が近いからなのか、ちょっと裏の刻印が薄くなっているなど、自宅用には全く問題が無い良いメーカーのカップ・アンド・ソーサーを1ポンド、2ポンド(今だったら、200円前後)で手に入れることができました。

 いくつか買ったものの、全て日本の実家に持っていってしまったので、私の手元には何もありません。

 私は、大きなマグカップの愛用者ですから。

 

 ロンドンではこうした楽しみはありませんね。


 すっかり週末を満喫したので、明日から再び頑張ります!

 


 

Posted on 2012/01/22 Sun. 02:53 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

22

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1807-2b83aaaf
Use trackback on this entry.

Trackback
list