07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

曲と向き合う、ピアニストの指 

 なんとこの冬は、つい先日まではホット・ウォーター・ボトルを使っていませんでした。

 が、さすがに冷え込み始めたので一度使ったら、毎晩手放せなくなりました。


 この2週間、毎晩寝る前にピアノに向かうようになったら、ピアノを弾くことですっかり身体が温まり、気持ちよく眠れるようになりましたが。 練習後の興奮状態を鎮めるまで、しばらくは、目を閉じても寝付けませんが。


 今、練習しているのは、ずっとずっと憧れていた、ピアノのソロ曲では王様のような曲。

 2004年だったか、まだカーディフの音大に通っていた頃、師匠のDr.Sがこの曲を大学でのリサイタルで演奏して、私は音楽を聴いて初めて涙を流しました。 そして、それまでに何度も聴いたことがあったこの曲の真髄をみたように思いました。

 技術だけではない、Dr.Sの今までの人生があったから、嫌なことも良いことも全てが凝縮されていました。


 先生がこれを弾いたのは50歳近くになってからのこと。 

私は、きっと80歳まで待っても先生のようには弾けない、でも、いつか先生のような音楽を奏でてみたい、色々な人生経験をしたらこの楽譜を音にしたい、と思っていました。


 縁があって、今回この楽譜と向き合えることになりました。

 ずっと弾きたかったけれど、私が弾きたい、なんておこがましくて、先生方には言えませんでした。


 昨日は、昼間あまり体調が良くなくて、ベッドの中で過ごしていたのですが、相棒はiPod。

 普段からこの曲はよく移動時間に聴いているのですが、ある一人のピアニストの録音。

 よく見てみたら、iPodの中に3人のピアニストのこの曲の録音が入っていることに気がつきました。

 そこで、聞き比べ開始。


 当たり前ですが、三者三様でおもしろい。

 一つは、以前マスタークラスを受けたことがあるピアニスト。

 あの時(プロコフィエフのソナタ第6番を演奏)の指導が蘇るような演奏でした。


 以前、やってはいけない、とおっしゃった先生もいらっしゃいましたが、私は譜読みの段階から、録音を聴きます。

 これは、あくまでも、譜読みをスピード・アップさせる為。

 録音を聴いておけば、半分の譜読みは終った状態です。

 指を動かすことに重点を置くことができます。

 もっとも、生徒には絶対に禁止していますが。

 あくまでも、譜読みに問題がなくなってからの話です。


 この曲、だいぶ形になってきて、気がつくようになったのは、私が毎日、2、3回聴いているピアニストの演奏とは、解釈がかなり違う、ということ。

 誰かの演奏を聴き続けると、解釈の真似になるからよくない、といわれるのですが、私の場合は、結構自分でどのように弾きたいかがはっきりとしている方なので、まねにはならないようです。


 

 背の割には手が小さい私は、親指から小指まで、8度(ドから、その上のレまで)しか開きません。

 手が広がる方なので、どうにかそれがつかめる、という大きさです。

 Dr.Sは11度(ドからその上のソまで)は開く手の持ち主。 

 しかも、物凄い厚み。

 

 いつだったか、ドビュッシーでさえ、手が届かない私に、

「どうして、怠けているのだ!! ちゃんと弾きなさい」

と言ったことがありました。

 怠けているのではなくて、弾きたくても届かないのです・・・


 先生は信じられない、という風に私の指を色々と引っ張った後、

「セインスベリーズ(大手スーパーマーケットの一つ)に行って、フィンガー・エクステンションを買ってきなさい」

と真顔でおっしゃっていました。

 フィンガー・エクステンションなるものがスーパーマーケットで買えるのであれば、とっくに買っています。


 今回ばかりは、あと2cm、いや、1cmでもよいから、指が長かったらな、と思ってなりません。

 2年半前に靭帯損傷をした小指、気力でもってくれているのが、何よりも助かります。

 その代わり、ピアノを弾かない時には、しっかりと休ませてあげていますが。

 もし、あの時、手術が必要だったとすれば、靭帯を直すのと同時に指も長くしてもらえたかしら・・・

Posted on 2012/01/17 Tue. 06:40 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 2

17

Comments

1. 無題 

その曲がなんの曲なのか気になります!!!

私もドビュッシーでさえ?届かない音があります。

アメブロ繋がりのピアノ友さんに、「なんでこれが届かないの?」と言われ、責められたような気分になった嫌な思い出があります。
9度までなんとか届きますが、きついです。

URL | イグレック #79D/WHSg | 2012/01/18 12:28 | edit

2. イグレックさんへ 

コメントをありがとうございます!

曲、気になりますか?
昨年生誕200年をお迎えになったあのお方の、30分ほどの曲です。

イグレックさんも背が高そうですが、私と同じくらいの広がりですね!
ドビュッシーって意外と音域が広いですよね。
とんでもないものがありますから。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2012/01/20 07:24 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1804-d30c6859
Use trackback on this entry.

Trackback
list