09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

炎が燃えた 

 私の中に今まで欠けていた、闘争心、というものに、灯が燈るどころか、炎が燃え上がった夜でした。

 これが燃え上がったのが、今よりも早くても遅くてもだめ。 今日、という日にそれを与えてくれた神様に感謝です。


 私は自分自身に対して、非常に負けず嫌いです。 

 だからこそ、遅いスタートでも、ここまでピアノができたのだと思います(もちろん、良き師匠との出会いがありますが)。

 でも、人に対して負けて悔しい、という気持ちはあまり持ち合わせていませんでした。

 コンクールでも、人との戦いではなくて、自分との戦いでしかありませんでした。

 

 今夜は、コリセウムで、イングリッシュ・ナショナル・バレエの『Strictly Gershwin』という公演を観に行ってきました。

 ロンドンだと大抵は、ロイヤル・アルバート・ホールの円形劇場を生かして上演されています。

 昨年上演されたものの、一番安い席でも、私の普段のチケット代の3倍以上だった為、諦めました。

 今回、コリセウムで上演されることがわかっていたから、今回観ればよい、という考えでした。


タイトル通り、ガーシュウィンの名曲にのせて、バレエ、タップ、歌が繰り広げられます。 

 これについては、また後日。


 オーケストラもいつものピットの中ではなくて、舞台後方に配置。

 オーケストラの一番前にグランド・ピアノ。

 

 第2部の幕開けが、あの有名な、『ラプソディー・イン・ブルー』。

 このソロ・ピアノを担当したのが、私のマンチェスター時代の同級生。

 日本の音大とは違いますので、あの当時、王立ノーザン音楽大学では、ピアノ科は一学年15人前後(入学希望者が少ないわけではありません)。 

 マンチェスターのこの音大は今は知りませんが、当時は、サンドウィッチ・コース、というのがあり、所属は王立ノーザン音楽大学で、実技面は音大で受け、アカデミックだけ、マンチェスター大学で受講、というコースもありました。

 サンドウィッチコースだった為に、アカデミックでの接点はなかったし、確かご実家がマンチェスターだったかで、寮に入っていなかったのでそれほど親しくはないのですが、一学年16人を4グループに分けて行っていた初見のクラスが一緒だったのが、今日演奏したトム・スコット。


 トムのお兄さんのジョナサン・スコット、というのが、ピアノ、オルガン、ハープシコード、3つを勉強していた人で、よく、オルガンのコンサートで名前をみかけていました。


 今回のイングリッシュ・ナショナル・バレエの公演では、お兄さんのジョナサンと、弟のトムが交代で演奏しているようです。

 この2人は、スコット・ブラザーズというデュオも組んでいます。


 初めて同級生が大きな舞台に立っているのを観ました。

 ちなみに、今夜の『ラプソディー』でプリンシパル・パートを踊っていたのは、栞ちゃん。


 凄いな!!という気持ちと、悔しい、という気持ちが入り混じりました。

 普通のコンサートであればまだしも、舞台はバレエ。

 これを私がどういう気持ちで観ていたか・・・ 数少ない同級生です。


 いやいや、トムは、チェッツ(マンチェスターにある、音楽専門中学、高校)出身。

 私と比べてはいけない。

 でも、悔しい。

 しかも、私がぼーっとしている間に、彼は博士号まで取得したよう(プログラムのバイオグラフィー参照)。


 舞台をみつつも、気持ちが散乱していました。


 私はマンチェスターには1年だけしかいませんでしたので、トムをみたのは11年半振り。

おじさんっぽくなったな、なんて思いましたが、私もその分おばさんになったのですよね・・・


 今、与えられた気持ちを決して無駄にすることが無いように、自分自身に厳しく頑張りたいと思います。

 のんびり人生に終止符を打ちたいと思った夜でした。



 

Posted on 2012/01/12 Thu. 06:26 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

12

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1801-cb46fad6
Use trackback on this entry.

Trackback
list