09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

楽譜 

 今日からロイヤルバレエは、ロミオとジュリエットが始まりました。

 とはいいつつも、私は行っていません。 レビューをお待ちしてくださっている方々、私は13日まで行きませんので。


 チューブの駅で、ロミジュリのポスターを先週あたりからみかけましたが、セーラ・ラムとフェデリコ・ボネッリの素敵なものです。 この2人が一緒にこの作品を踊るのは今回が初めてのはずですから、ポスター用に撮影した写真を使っているのでしょうね。


 このところ、真摯な気持ちでピアノに向かえていますが、これだけの集中力、学生時代以来かもしれません。

 久々に、楽譜を壊しましたし。

 きちんとピアノに向かえば向かうほど、爪が伸びるのも早い。

 

 日本製の楽譜は滅多に壊れませんが、外国製(?)はすぐに壊れます。

 イギリスのブージー・アンド・ホークスは、とてもしっかりとした製本ですが。


 今は知りませんが、10年くらい前のパデレフスキ版の英語版は最悪。

 すぐにページが落ちてきます。

 私は、最初にイギリスでパデレフスキ版のショパンのエチュードを買ってぼろぼろになったので、その後は、極力、ショパンに関しては、パデレフスキの日本語版を日本でまとめ買いしました。

 日本製は優秀なので、壊れません。


 ベートーヴェンのピアノソナタ、私はヘンレ版を使用ですが、これも、第2巻はボロボロ。

 Dr.Sの扱い方が悪い・・・とも言え、カーディフ時代は、友達から、先生に修理代を徴収したら?といわれたほどです。

 楽譜は財産ですので、どんなにボロボロになっても、落ちてきたページをなくさないように、本棚に置いてあります。


 生徒たちの楽譜、私は書き込みは全て鉛筆。

 日本の先生から移ってくる生徒たちは、カラフルな書き込みがあって、驚きます。

 ボールペンでの書き込みにかなり驚きました。

 私が今まで知っているこちらの先生方は、鉛筆での書き込みばかりです。


 

 このところ、夜中に練習する癖がついてしまったので(暗譜が進むのです!!)、今夜もこれから再びピアノに向かおうと思います。


 

 

Posted on 2012/01/10 Tue. 05:43 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 2

10

Comments

1. 無題 

待ちに待ったロミジュリが始まりましたね!レポ楽しみにしています。

URL | asaco #79D/WHSg | 2012/01/12 08:18 | edit

2. asacoさんへ 

ロミジュリ、13日のマリアネラの分を途中まで書きつつも、あまりにも私にとって心の奥深くに訴えられた為、アップする気になれないでいます。
そのうち....

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2012/01/20 07:14 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1800-4973c4af
Use trackback on this entry.

Trackback
list