07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

あれから1年 

体の芯から冷え込んでいます。

 今年は暖冬、と思っていましたが、ついに冬が到来のようです。


 今日で、永住権が取れた、との連絡を受けてちょうど1年。

 あの日のことは鮮明に覚えています。


 最初にこの国に来た時には日本人は、空港で(観光ヴィザと同じように)学生ヴィザを頂くことができました。

 2003年から色々と書類が必要になり、イギリス、日本の英国大使館でヴィザの更新をし、永住権前最後のヴィザを申請した2008年には銀行の明細書の問題で、上告、そして裁判。

 ちょうど3年前の今頃は裁判を年明けに控え、弁護士に頼まずに自分で上告も行っていた為、不安で不安で仕方がなかった頃です。

 しかも、あの年は、年明けの1月2日にコンサート、そして4月に日本のバレエ教室の発表会で演奏しているので、その準備に追われていた頃です。 どこにそのヴァイタリティーがあったのかしら??と今になって驚きます。


 学生の場合、10年間法的に滞在して初めて永住権が取得できます。


 私の場合は10年以上たってからの取得でしたが。

 

 永住権取得後1年で今度は、イギリス国籍取得が可能になります。

 私を担当してくださった弁護士(元々ボスニアあたり出身)の方は私は絶対にイギリス国籍をとると思っていらっしゃいました。

 でも、日本、という国は二重国籍を認めていません。

 これには、弁護士の方はびっくりでした。


 私は最初の頃はもちろん、日本国籍を捨てて、イギリス国籍をとる予定でした。

 が、日本という国の考え方の狭さを目にするうちに、そしてマークス寿子さんの著書を読むうちに、日本国籍を捨てた場合、日本に入国しようとする、元日本人に対して風当たりが冷たいことを知りました。

 日本に家族がいますから、日本にいつでもいけるようにしておきたい。 ということで、日本国籍を残すことにします。

 大使館でいやな目にあいながら更新した日本のパスポートだって、まだ1年ちょっとしか経っていませんし。


 というよりも、イギリス国籍を取得したって、人種は日本人なのです。 人種(?)がイギリス人になれないのなら、意味がありません。 生まれた国を変えることはできないのです。

 いつだったか、どなたかに言われたように、「もし、あなたが青い目で金髪だったら、今とは違う対応をされるはずよ」ということが一番物語っています。

 私は、自分が日本人でよかった、と思ったことはありません。

 日本人だから、日本でいやな目、悔しい思いにあってきているので。

 

 

 ここにきて、やりたい、と思っていた夢のうち2つが少し動き出しそうです。

 どうなるかはまだわかりません。

 でも、毎回ヴィザの申請、そしてその結果に不安だった頃、次のヴィザをどうやってとろうか悩んでいた頃とは違います。

 失うものは何も無いのだから、立ち向かっていくしかありませんね!

 

Posted on 2011/12/14 Wed. 02:05 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 2

14

Comments

1. 無題 

永住権取得一周年記念おめでとうございます。
ブログ読者の私もとてもうれしかったことを思い出します。
これからもパワフルにかつ時々は肩の力を抜いて、イギリスでの生活を楽しんでください。

URL | asaco #79D/WHSg | 2011/12/15 20:41 | edit

2. asacoさんへ 

非常に遅くなりました。
ありがとうございます。

現在、どんどん厳しくなっているのを目の当たりにし、昨年とれてよかった、という気持ちでいっぱいです。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/12/29 06:55 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1779-90c3df9e
Use trackback on this entry.

Trackback
list