09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロイヤルバレエ、 『眠れる森の美女』 ひかるさん、ニァマイア 

もう師走。

 

今年はあっという間に時間が過ぎていきます。


今週も再びバレエ鑑賞が多めでした。 来週からは落ち着きます。

 

『眠れる森の美女』 プティパ振付、 メイソン版、 チャイコフスキー作曲



 オーロラ姫: 小林ひかる

 フロリムンド王子: ニァマイア・キッシュ


 カラボス: エリザベス・マクゴリアン

 リラの精: ラーラ・ターク


 フロレスタン王: ギャリー・エイヴィス

 王妃: ジェネシア・ロサート


 カタラビュット: アラスター・マリオット


 

《プロローグ》


 水晶の泉の精: オリヴィア・コウリー、 騎士: エリーコ・モンテス

 魅惑の庭の精: ベアトリス・スティックス・ブルーネル、 騎士: ヴァレリ・フリストフ

 深い草地の精: イッツィアー・メンディザバル、 騎士: ヨハネス・ステパネク

 歌う鳥の精: サマンサ・レイン、 騎士: ルドヴィック・オンディヴィエーラ

 黄金の葡萄の精: エマ・マグワイヤ、 騎士: アレクサンダー・キャンベル

 リラの精の騎士: 平野亮一


 リラの精のお付:

  メガン・グレース・ヒンキス、 ジェマ・ピッチレイ・ゲール、 レティシア・ストック、 クラウディア・ディーン、

  フランチェスカ・ヘイワード、 カミール・ブレイチャー、 ヤスミン・ナグディ、 エルザ・ゴダード


 

《第1幕》

 

 イギリスの王子: ベネット・ガートサイド

 フランスの王子: ヨハネス・ステパネク

 インドの王子: エリック・アンダーウッド

 ロシアの王子: トーマス・ホワイトヘッド


 オーロラ姫の友人:

  シャーン・マーフィー、 オリヴィア・コウリー、 メリッサ・ハミルトン、 クレア・カルヴェート、

  レティシア・ストック、 リヤーン・コープ、 エルザ・ゴダード、 ロマニー・パジャック



《第2幕》


 公爵夫人: クリスティーナ・アレスティス


 

《第3幕》


 フロレスタンと姉妹: ヴァレリ・フリストフ、 エマ・マグワイヤ、 ベアトリス・スティックス・ブルーネル

 

 長靴を履いた猫と白い猫: アレクサンダー・キャンベル、 エルザ・ゴダード


 フロリナ姫と青い鳥: メリッサ・ハミルトン、 アンドレイ・ウスペンスキ


 赤頭巾ちゃんと狼: リヤーン・コープ、 ヨハネス・ステパネク


 

 今まで観ていたのとは、違う組み合わせの人たちを観ることができました。

 そして、今までめちゃくちゃだったオーケストラ&指揮者が、今日はずいぶんまともな演奏をしていました。

数箇所、バラバラになり、バランスがめちゃくちゃでしたが。

 それでも、先週金曜日の舞台よりはずっとまし。


 

 さて、まずは、2年前にデビューした、ひかるさんのオーロラ姫。

 全体的に、丁寧。 ただ、全幕の主役をコヴェント・ガーデンで踊るのは昨年1月以来、ということで、最後は少々不安になるスタミナ切れがありましたが、こればかりは仕方がありません。 

 この点を除けば、素敵なオーロラ姫を魅せて下さいました。


 第1幕の出、どちらかというと、おっとり系。 

 続く、バラのアダージョは、バランスがかなりきまりました。

 ひかるさんは、この2、3年で、踊りがかなり柔らかくなりました。

 よって、前回よりも私はバラのアダージョ、そしてその後のヴァリアシオンの意味が出てきたように思います。


 第1幕で、カラボスがオーロラ姫に針を渡すところ、オーロラ姫の後ろからカラボス(マントを被っている)が足を踏み鳴らしてアテンションをひき、オーロラ姫がカラボスの方を向くのですが、この部分一昨年は、ひかるさんは、「えっ?どなた?」と少々不信感を持った表情をしました。 が、今回はにこやかに。 

あくまでも私の考えなのですが、オーロラ姫は、あの時代に可愛がられて育った16歳の女の子。 人を疑う、ということを知らない女の子だと思うのです。 だから、誰かに呼び止められた時、疑うのは、なんとなく違うような気がします。 もちろん、この考えが正しい、というわけではないと思います。 あくまでも私の好みです。


 第2幕は、ニァマイアとの息もぴったり。 ひかるさんは、身体の中心がしっかりしているので、パ・ドゥ・ドゥも安定しています。

 

 目覚めは、王子にキスされて、起き上がってすぐに笑顔で王子を見ました。

 

 第3幕のパ・ドゥ・ドゥの途中あたりで、段々スタミナ切れが見えてきましたが、珍しく、ニァマイアがリードしていました(いつも、マリアネラにリードしてもらっている感覚有り)。 

 
 多分、今シーズンの2度目は余裕が出てくるでしょうから、次回を楽しみにしています。



 ロイヤルバレエでは、『眠り』の王子デビューのニァマイア。

 彼はどうしても、デビューの時に緊張することが多いのですが、今回はずいぶん違いました。

 みかけも誠実なので、そういう王子。

 特に第3幕で舞台に出てきた時は、いかにも、王子様、といった感じで、私の前に座っていたご婦人方は、思わず感嘆のため息をもらしていました・・・

 第2幕で登場した後、驚くべき表情の変化を見せてくれました。

 ティアゴの王子を見慣れているので、それに比べるとソフトなマイムも最初は違和感があったのですが、慣れてくると、こちらの方がしっくりしました。


 パノラマに移る直前の、ゴンドラに乗り込む前のアントルラッセ、ちゃんときれいなアントルラッセができるのではないか! いつもの、後ろ足が垂れ下がっているのは何なんだ??と思ってしまいました。


 

 カラボスのエリザベス、彼女はとにかく美人なので、お妃役が見事にはまります。 カラボスは、以前は物足りない部分もあるな、と思っていたのですが、この夜はよかった。

 感情がびしびしと伝わり、特に、第2幕の最後、王子とリラの精がお城の中に入って行った後、カラボスが一人舞台に残る場面がわかりやすかったです。


 リラの精のラーラは、今回(もしくは今シーズンのこれ以前の公演)が役デビュー。

 きれいに踊りますが、まだ温かみ、物語を引っ張る力は弱いです。

 こればかりは、経験だと思うので、これからを楽しみにしています。


  プロローグの妖精、今までとは違う組み合わせで観ることができました。

 魅惑の庭の精を踊ったベアトリス、5月頃の『王妃の舞踏会』での短いソロは踊ったものの、クラシックのソロは初めて。 とはいうものの、まだ入団して2年目です。

 彼女はバランシンはよくはまるものの、クラシックに関しては疑問もあります。

 特に、6人の妖精が並んで踊るところは、違和感も。

 踊りの性格もあり、第3幕のフロレスタン・パ・ドゥ・トロワ(一般的にはダイヤモンドの精)の方がしっくりしていたように思います。


 第1幕の4人の王子たちは、演技派。 ベネットがあのイギリスの王子の物凄い巻き髪ウィッグを被るとどうなるのかしら??と思っていたのですが、想像よりもずっと似合いました。


 通年、どうしても主役を偏って観る私は(ピュア・クラシックの場合、どうしても積極的に観られないダンサーもいるので)、ブルーバード・パ・ドゥ・ドゥなど、同じキャストばかりで観ていました。

 今回は、今までも踊っていたのに観たことがなかった、アンドレイと今シーズンフロリナ姫デビューのメリッサ。

 アンドレイ、あんなに踊れるのですね。 普段、ぼーっと踊っていることも多くて・・・


 というわけで、ひかるさんのオーロラは、2度目も観る予定でいます。

Posted on 2011/12/01 Thu. 06:11 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

01

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1767-21435a73
Use trackback on this entry.

Trackback
list