09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

バレエ・アソシエイション、そして『くるみ割り人形』情報 

 相変わらずマイルドな日が続いています。

 空はグレーですが。


 今夜は、バレエアソシエイションでした。

 前回私が行った、芸術監督のモニカ・メイソンの時と比べると、ぐっと少ない人たちが来ていました。


 今回は、昨年移籍してきた、ファースト・ソロイストのイッツィアー・メンディザバルがゲストでした。

 タマーラ・ロホと同じスペインのバレエスクールで学んだ後、そこで3年間過ごし、チューリッヒ・バレエ、ライプツィッヒ・バレエ(プリンシパル)を経て、ロイヤルバレエ、という経歴です。

  

 ロイヤルバレエに移籍してからは、『三人姉妹』の長女オルガ、『シンデレラ』の冬の精、『ジゼル』のミルタ、『DGV』、『マノン』のレスコーのミストレスなどを踊っています。

 そして、一昨日は、『眠れる森の美女』のリラの精のデビューでした。


 私は彼女の踊りが結構好きで、結構楽しみに観ています。


 彼女の生い立ちから、ロイヤルバレエに入るまでのこと、そして、ロイヤルバレエでの1年間、興味深いお話がたくさんありました。

 考え方もはっきりとしていて、わかるなーと思うことが多々ありました。


 

 昨年、イングリッシュ・ナショナル・バレエ以外は、ロイヤルバレエも、バーミンガム・ロイヤルバレエも、マシュー・ボーンのカンパニーも皆クリスマスの時期に、『くるみ割り人形』ではなくて、『シンデレラ』の上演を行いましたが、今年は、皆『くるみ割り人形』です。

 

 一昨日あたりに、イングリッシュ・ナショナル・バレエのキャスト発表、珍しく昨夜、ロイヤルバレエの発表されていなかった、クラーラ、ハンス・ピーター/くるみ割り人形、ドロッセルマイヤーの発表がありました。

 ロイヤルバレエはここ数年、直前にならないとこれらは発表されていませんでした。

 ロイヤルバレエが採用しているピーター・ライト版は、クラーラとハンス・ピーターが物語を引っ張りますので、私は、とりあえず、買えた分だけどうしても観たい金平糖を買ってありますが、これらの発表があってからチケットを買い足します。

 今回は、同じ人に偏ってしまっていて、一番見たかったキャストは持っていません。

 これからチケット探しです。


 イングリッシュ・ナショナル・バレエは昨年のウェイン・イーグリングのプロダクションが全く好みではなく、行かない予定だったのですが、発表を観たら、行かなくてはいけません。

 某公バレエウェブのイギリスからのバレエ評を書いていらっしゃる方風に書くと、今年は、日本人女性が大活躍の『くるみ割り人形』、特にクリスマス・イブになります。


 ロイヤルバレエでは、ユフィちゃん、そして、小林ひかるさんと高田茜さんが金平糖の精でデビュー。 

 イングリッシュ・ナショナルバレエでは、えりなさんに加えて、まだ群舞の加瀬栞ちゃんがデビュー。


 24日には、ひかるさんと栞ちゃんが共に金平糖の精を踊ります。

 私は24日はひかるさんの分を買ってありますし、イングリッシュ・ナショナル・バレエは時間が多少遅くて、イブのキャロル・サーヴィスにぎりぎりになってしまうので、栞ちゃんの分はその後に行こうかと思っています。


 栞ちゃんは、元々ロイヤル・バレエ・スクール出身。 2008年にイングリッシュ・ナショナル・バレエに入団。

 スクールの最終学年の間は、結構群舞としてロイヤルバレエの公演に出ていましたし、私はたまにしか行かないイングリッシュ・ナショナル・バレエの公演で彼女のソロを観る機会がよくありました。


 バレエ・アソシエイションの外国人スクール生に与えられる賞を受賞した関係で、バレエ・アソシエイションにも話にきたのですが、とってもシャイな女の子で、大丈夫かしら??と思ったのですが、とっても素敵な踊りをします。


 昨年度、バレエ団の若手への賞を受賞し、夏には、ガーシュウィンでいい役を踊ったりもしたようですが、まさか、『くるみ』でデビューとは思っていなかったので、びっくりです。


 あのプロダクションのことを考えると(今年手直ししてあることを期待しますが)、あまり行く気がしないのですが、キャストを観ると、イングリッシュ・ナショナルの方も行きたくなってしまいます。 クリスタル・コスタさんは昨年デビューしていたかもしれませんが、ヴィーナス・ヴェラさんは今回がデビューのような気がします。


 

 興味はあるものの、前回のことがあるので行くのを渋ってしまうのが、バーミンガム・ロイヤル・バレエのロンドンのO2センターでの『くるみ割り人形』。

 夏のO2でのロイヤルバレエの『ロミオとジュリエット』は問題が多々ありましたからね。


 というわけで、『くるみ割り人形』三昧の12月になりそうです。

 オックスフォード・ストリートにもクリスマスのイルミネイションがついていました。

 気がめいるようなグレーの空だからこそ、クリスマスの飾りがはえるのでしょうね。

 

Posted on 2011/11/02 Wed. 05:22 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 1

02

Comments

1. そうでした 

こんばんは。年末には必ず「くるみ割り人形」を見に行くことにしている我が家は、昨年はイングリッシュ・ナショナル・バレエしか選択肢がありませんでした。オーソドックスに回帰はしているけれど、何だか解りにくい演出でしたので、今年はロイヤルだけにします、多分。またオペラハウスでお会いしましょう。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/11/04 21:49 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1745-e754f59a
Use trackback on this entry.

Trackback
list